愛しの糸島ライフ

地方移住・糸島移住、糸島ランチ・観光スポットや暮らしをつづった本橋へいすけのwebメディア。

愛しの糸島ライフ

旅行でよく眠れない人が熟睡できるようになるたった1つの方法

f:id:motohashiheisuke:20180807080615j:plain
こんにちは!

毎月旅をしている愛しの糸島ライフ編集長の、本橋へいすけです。

 

あなたは旅行でよく眠れなかった......

という経験をしたことはないでしょうか?

 

ぼくも以前は旅行のときベッドがいつもと違くて熟睡できなかった......

という経験をしていたのでお気持ちよくわかります。

 

だけど日常であることを取り入れたことで、旅行でもなんのストレスも感じることなくよく眠れるようになりました。

 

今日は「旅行でよく眠れない人が熟睡できるようになるたった1つの方法」を紹介したいと思います。

 

旅先の睡眠ストレスからはさようなら〜!

 

 

旅行で眠れない理由

f:id:motohashiheisuke:20180807080611j:plain

旅先で眠れない理由はシンプルです。

 

大きな理由として寝具が変わるから。

 

 

あなたも旅行のとき

 

  • ベッドがかたい
  • ベッドが柔らかすぎる
  • ふとんが薄すぎる
  • 枕の高さが合わない

という経験をしたことはないでしょうか?

 

ただ理由がわかったところでぼくたちには旅先の寝具を選ぶことはできません。

 

ではどうしたらいいのでしょうか?

 

 

旅行で熟睡するために普段できること

f:id:motohashiheisuke:20180807081743j:plain

旅先でどんな寝具であってもよく眠れる方法があります。

 

床で寝る日を取り入れる

f:id:motohashiheisuke:20180807102704j:plain

床で寝る

それは日常の生活で「床で眠る日」を取り入れること。

 

 

えぇっ!

 

と思ったかもしれません。

 

 

ぼくも床で眠るなんて...... って思っていました。

 

床で寝るメリット

でも考えてみてください。

もし床で眠ることができたらどこでも寝れるようになると思いませんか?

 

固いベッドであっても、薄いふとんであっても、床で眠るよりは環境が良いので以前より熟睡できるようになるんです。

 

そもそも古代の人はみんな床で寝ていました。

 

古代の人は床が硬い!よく眠れんわ〜!

と文句を言ってたでしょうか?

 

たぶん言っていないと思うんですよね。

ということは、ぼくたちには床で眠る才能が眠っているのでは......

 

腰痛の人も床で寝るといい、なんて話も聞きますし。

 

床で寝るときに知っておきたいこと

f:id:motohashiheisuke:20180807102700j:plain

床で寝るとき最初は熟睡できないと思います。

ぼくもそうでした。

 

だって床が硬くて寝れない!!

 

ただ2回、3回と試していくうちにだんだんと床でも寝れるようになってきます。

 

家にフローリングの部屋と畳の部屋がある方は、畳の方が床が硬くないので眠りやすいので畳がある部屋から始めるといいですよ。

 

また一晩中床で寝なくても大丈夫。

数時間床で寝てみて、夜目が覚めたらベッドに戻る......という感じでもOK。


数時間でもいいので床で寝る日を作ると、旅行のときにどんな寝具環境であっても以前より深く眠れるようになります。

 

ぜひ試してみてくださいね!!