愛しの糸島ライフ

地方移住・糸島移住、糸島ランチ・観光スポットや暮らしをつづった本橋へいすけのwebメディア。

愛しの糸島ライフ

地方移住したい人におすすめ本厳選6冊

糸島よりこんばんは!へいすけです。


地方移住を考えている方へオススメの本をまとめました。
ぼく自身、移住前にも田舎暮らしの本を、移住後にもたくさんの書籍を読みました。


おそらく移住、田舎暮らし、地方ビジネス系の本だけでも軽く50冊は読んでいます。
正直よかった本もあれば、内容の薄い本、著者独自で再現性が少ない本も多かったです。


その中でも移住を考えている方へオススメの本をセレクトしました。

まだ東京で消耗してるの? イケダハヤト著


まず、地方移住についてここまで具体的に書いている本は他にはないです。
デメリットや落とし穴まで細かく書かれていて、移住ノウハウ本としての
クォリティーは郡を抜いています。


炎上ブロガーということで、一般的なビジネス本より刺激的な表現があります、笑。
抵抗感がある方はいるかもしれませんが、書いてることは的を得ています。


唯一書いてることで、ぼくと意見が違うのは「二段階移住」の見解。
イケダハヤトさんは、田舎への移住のステップで、リスクを考えて市街地を
経由して田舎への移住がいいという考え。


その考えは賛同できますが、最初の移住でお金をけっこう使って、また引っ越しと
なるとよほど貯蓄がないと苦しいです。


ぼくが住む糸島のような、都市部が近い移住であれば「一発移住」ができます。
サラリーマンの方でも田舎へ住みながら、都市部への働きに出て外貨を稼げます。

つまり出費は減って、給与は高いままという理想の状態です。


ただしぼくも別の意味での「二段階移住」を提唱しています。


それは、いきなり家は買うな!です。
同じ糸島でも、地域性は道路一本挟んで、かなり環境が違う場合もあります。


所有をすると、なかなか動かしにくいので、「賃貸」→「持ち家」の二段階移住が
いいと思います。 

減速して生きる ダウンシフターズ 高坂勝著


ダウンシフターズとは、ひと言でいうと、年収半分でも、自分らしく幸せに暮らそうよ!ということ。


「あ〜、こういう風に生きていいんだ。」って思える本。


ばりばりのサラリーマンだった著者は、現在池袋のオーガニックバー「たまにはTSUKIでも眺めましょ」
の店主をしています。


このバー、通称「たまTSUKI」には全国から悩める人たちがやって来ます。
たまTSUKIをきっかけに会社を辞めた人数多数。
別名、退職バーなんて言われたりも。


高坂さんは千葉で田んぼをしたり、自分でみそを作ったり素敵な生き方をされています。


生き方に悩んでいる人、仕事がいやになっちゃっている人にオススメです。
ぼくも東京在住時にはたまTSUKIに行きました。


1人で行ってもすぐ友だちできるし、おもしろい人がほんとたくさん集まってますよ〜。

脱東京 本田直之著


実際に脱東京をした14人のインタビュー本。
14人の生き方がわかり、移住へのイメージがわきます。


また、いろんな地方の移住例なので、まだ移住先の候補も絞れていない方にもオススメ。
デメリットはこの本に出てくる移住者は、自分で仕事バシバシ創りだせるクリエイターの人たち中心。


一般的なサラリーマンの方には具体的な移住方法としては、参考にはなりにくいです。
逆に自分で仕事を創り出せる方にとっては買いの一冊です。

月3万円ビジネス  藤村靖之著


非電化・ローカル化・分かち合いで愉しく稼ぐ方法。
1つのビジネスで月3万円を作ること目的としている。


難易度の低い月3万円ビジネスを10個作れば月30万円という考え方。
田舎で持続可能な仕事作りのヒントがたくさあります。


ぼくも移住して感じるのですが、田舎では大きな仕事創り出すことは難しい反面、
小さな仕事を創りだすことは簡単ですし、感謝されます。

小さな仕事を量産するという考えは、移住者としも理にかなっていると感じます。


具体的な実例編のコチラもオススメ。

狩猟女子の暮らしづくり わたし解体はじめました 畠山千春著


今やその名は全国区になった、糸島シェアハウス。
糸島シェアハウスのオーナーである畠山千春さんが書いた本。


ぼくの住んでいるところから車で10分かからないくらいのところにあるので、
たまに遊びに行ってお酒飲んで泊まったりします。


自給自足的な暮らしをしてみたい人にオススメな本です。
狩猟免許を取っての奮闘記がリアルです。


また、命をいただくということについて深く考えさせられる本です。


 

田んぼはじめました とびやあい著

f:id:motohashiheisuke:20170308210959j:plain

イラストで伝える栄養士さんだった作者のとびやあいさん。

3.11の後に始めた、米作り1年目の奮闘記です。

 

コミカルな内容とマンガなので、とても読みやすい〜!!

米を作る過程もマンガで描かれていて、いつか田舎で農業をしたいと言う方は、読んでおくといいと思います。

 

 

まとめ

あなたが読みたい本はありましたか?


個人的には、まず最初に買うならノウハウの具体性から言っても
「まだ東京で消耗してるの?」がいいと思います。




あとは移住を抜きにしても、今まで読んだ本の中でもベスト5に入るくらい
生き方、考え方に影響を受けた、「減速して生きる ダウンシフターズ」は
ぜひ読んでほしい一冊です。

 

まずは無料で読みたい人はぼくのメルマガをどうぞ〜^^

www.motohashiheisuke.com