愛しの糸島ライフ

地方移住・糸島移住、糸島ランチ・観光スポットや暮らしをつづった本橋へいすけのwebメディア。

愛しの糸島ライフ

沖縄旅行で読んだ7冊からよかった本ベスト5をランキングにしてみた

福岡県の糸島よりこんにちは!

寒さに打ちひしがれている、本橋へいすけです。

 

今年の糸島寒くてつらい.....

 

先日沖縄に行ったときの飛行機で本を7冊読みました。

だいぶマニアックな本もあるので、その中から5冊をランキングにしてみました。

 

1.日本再興戦略 落合陽一

f:id:motohashiheisuke:20180208213409p:plain

人口減少、少子高齢化など、事実は客観的に捉えながらも、改善案の視点がかなりユニークでめちゃくちゃおもしろかったです。

 

目からウロコの連発で、脳内マッサージしていただきました。

 

日本の生きる道、個人で生きる時代の道しるべになりそうな本。

 

 

この本は今もっとも勢いのある編集者と言われている箕輪さんが担当しています。

 

箕輪さんは、堀江さん、キングコング西野さん、見城さんの本など担当して出版不況と言われる現代においてヒット作を連発。

 

昨年暮れに出た「お金2.0」ベストセラーになっていますね!!

 

お金2.0も新しい経済の世界でおもしろかったですが、同じように感じた方は日本再興戦略は絶対好きだと思います。

 

 

2.不老超寿 高城剛

f:id:motohashiheisuke:20180208213341j:plain

予防医療から「予測」医療の時代がやってくるといった内容の本。
 

遺伝子研究が進んだ先の医療のお話。

 

仕事がら自由診療も含めて、がん関連はくわしいつもりだったけど、この本に書いてあることは知らないことばかりだった!!
 
実際に世界中を渡り歩いて最先端の医療をみずからの体で試した結果が書かれています。

 

個人で行ったことなので、データ数はもっと取らないとわからない、というのを差し引いても、なかなか手に入らない貴重な情報満載です。

 

この本に書かれていることを知っているか、知らないかでじぶんの健康寿命が大きく変わる、そんな時代に差しかかってるんだと感じるなぁ。

 

3.小さな会社 ネット通販 億超えのルール 西村公児

f:id:motohashiheisuke:20180208213422p:plain

ネット通販やってるわけでも、やる予定もありませんが、めっちゃ勉強になりおもろい本でした。

 

  • 商品を売り出すか決めるときに指標
  • リピートするためになにをどの基準ですればいいのか
  • 定期購入の解約率を減らすのに効果的な方法

 

など、すべて数字の根拠をもとに具体的に解説してあり、通販業界のことが勉強になりました。

 

地方の魅力を外へPRしていくことに興味があるので、いつか役に立つときが来るはず!!

 

4.働く大人のための「学び」の教科書〜100年ライフを生き抜くスキル〜 中原淳

f:id:motohashiheisuke:20180208213351p:plain

ITの進化によって時代の流れのサイクルはどんどん早くなっています。

 

一方で人口減少や、医療の進歩によって健康寿命は伸び、働く年齢はどんどん長くなっています。

 

終身雇用制度は崩れ、みんなが同じようなレールに乗って生きるのではなく、人それぞれ違ったレールを歩いていく時代に変わってきています。

 

だからこそ、「学び」つづけることは大事で、個人的にも「教育」と教育を受ける「環境」に興味がありこの本を読んでみました。

 

「学校を出てからの大人の効果的な学び方」がわかる本です。

 

仕事のなかに「教える」という業務が入ってる方におすすめ。

 

5.10倍早く書ける超スピード文章術 上阪徹

f:id:motohashiheisuke:20180208213346p:plain

その名の通り文章を早く書くための本です

 

内容もわかりやすくてすごく良かったのですが、個人的には文章はかなり書き慣れていて普段から実践していることが多かったので学びは少なめ。

 

  • 文章を書くのが苦手!!
  • ブログを書くのが苦手!!

 

という方にはとてもおすすめ!!

 

この本を読むと伝えたいことを早く書けるようになるノウハウが分かります。

 

旅と本まとめ

昔は旅をするときはスーツケースに本を10冊くらいしきつめてたので、重くて大変でした。

 

今は、キンドルでスマホから読めるので荷物が少なくて便利。

旅もスーツケースからリュックに変わりました。

 

身軽っていいですね!!

 

ちなみに飛行機の時間以外は、本は読まずに旅を楽しんでますのでご安心を^^ 

地方移住を考えるなら1〜3月が狙い目な理由とは?

福岡県の糸島よりこんにちは!

4年前、糸島が好きになりすぎて転勤したくないという理由で、前職を退職した本橋へいすけです。

 

地方移住を考えるには1月〜3月は実は狙い目なのでその理由をお伝えしますね!!

目次

 

1月〜3月は転職市場が活発

f:id:motohashiheisuke:20171013234203j:plain
地方移住の最大障壁は2つ。

 

  1. 仕事
  2. 住まい

 

住まいも仕事が決まっていないと契約できないので、1番大切なので仕事ということになります。

 

転職市場は1月〜3月は非常に活発になります。

4月入社で募集しているところが多いんですね。

 

なので、ふだんよりも多くの仕事の求人があります。

 

移住候補地がある程度決まっている方は、この時期に集中して転職活動に取り組むと内定がもらいやすいのでいいですよっ!!

 

ぼくが住む糸島は、九州最大都市の福岡市と隣接しているので、福岡市の求人は多いんです。

 

仕事を選ばなかったら職に困ることはないですね......

 

転職成功のコツ

f:id:motohashiheisuke:20170705142011j:plain

転職はエージェントを使うと、無料で履歴書の書き方や面接のフォローまでしてくれるのでおすすめです。

 

どこのエージェントがいいというより、担当してくださる方の力量次第というところがあるので3つくらい登録するのがポイント。

 

紹介してくれる仕事の案件も変わるし、アドバイスの視点も変わるので総合的に自分の強みや転職市場での価値を知ることができます。

 

以下の3つをひとまず登録してみるといいかと思います。

 

  1. 業界最大手のリクルートエージェント
  2. 業界最大級の求人数と豊富な非公開求人!/DODAエージェントサービス
  3. 福岡の転職にも力を入れているWORKPORT  

 

春までに仕事決めちゃいましょ〜^^

いとしまシェアハウスで新住人&コミュニティマネージャー募集中!!

福岡県の糸島よりこんにちは!

東京から糸島に移住した、本橋へいすけです。

 

糸島には自給自足に近い暮らしをしながら、地域にも溶け込んでいる「いとしまシェアハウス」というシェアハウスがあります。

 

その名は全国区なので、ご存知の方も多いかもしれません。

 

糸島シェアハウスで、新住人と今後のシェアハウスを担ってくれる人材を募集しており、愛しの糸島ライフでもご紹介!!

 

  • 糸島移住を考えている方
  • シェアハウスに住んでみたい方
  • 自給自足的な暮らしをしたい方
  • コミュニティ作りにたずさわりたい方

 

いとしまシェアハウスを運営する、ちはるちゃんこと、畠山千春さんから詳細のご案内をいただきましたので、興味ある方はぜひご覧ください^^

なお内容に関するお問い合わせはいとしまシェアハウスまでお願いします。

目次

糸島シェアハウスで住人を募集

f:id:motohashiheisuke:20180203122311j:plain

”食べ物、お金、エネルギーを作る”をテーマにした我が家いとしまシェアハウスも、ついに5年目に突入しました。

 

卒業したメンバーの中には結婚・出産したカップルもおり、年末にはメンバーやご近所さんたちが集まるパーティーが盛大に行われました。

 

毎年家族が増えていくようでとても幸せです。

 

振り返れば、毎年新たな仲間たちとの出会いがあり、この場所もシェアメイトとともに成長してきました。

 

いとしまシェアハウスをさらに豊かに、これからもいい場所として続けていくために、今回新たにシェアハウスの住人募集を行いたいと思います。

 

 

募集1.シェアハウスのコミュニティマネージャー

f:id:motohashiheisuke:20180204015854j:plain

募集するのは、いとしまシェアハウスの”コミュニティマネージャー”。

【コミュニティマネージャー&シェアハウス管理人】

 

 

  • 地域を含めたシェアハウスの内外でのコミュニティ作り ・シェアハウスコミュニティの持続と活性化のための企画
  • (情報発信もできればさらに◎!) →地域の人との関係性の築き方や、コミュニティの作り方、発信方法など現管理人であるこーいち&ちはるがノウハウを教えます。

 

 

条件

f:id:motohashiheisuke:20180203122244j:plain

  • いとしまシェアハウスの理念に共感する人 (理念やストーリーなどはこちらから:https://greenz.jp/2017/10/12/itoshima_sharehouse-2/
  • 20代
  • コミュニティ作りを実践したい人
  • 地域行事へ積極的に参加できる人
  • イベント企画、運営をしたい人
  • この暮らしをたくさんの人とシェアしたい人
  • 経験者待ってます!

 

お給料

f:id:motohashiheisuke:20180203122347j:plain

  1. シェアハウス管理費:1人分の家賃全額分のお給料
  2. イベント運営:1回につき5000円(これから月2回行う予定なので、約1万円予定) 1万円あれば最低限かかる月の食費光熱費などはカバーできるかと思います(食費光熱費などは住人の人数により変化します)
  3. イベント企画:(2)のイベントを企画した場合、歩合制でお給料が発生 ※(1)(2)だけで最低限の家賃と生活費はまかなえると思っていただいて大丈夫です

 

いとしまシェアハウスについて

f:id:motohashiheisuke:20180203122120j:plain

  • 築約80年の古民家
  • 畑あり
  • 田んぼあり
  • 山、川、海、あり
  • 庭にレンガのかまど、アースオーブン(製作中)あり
  • こう見えてお風呂は自動で追い炊きできるお風呂です。太陽熱温水器付き
  • 上下水道なし。湧き水が水道から出ます。浄化槽もないためケミカルな洗剤、シャンプー、汚れなどは水に流さないように暮らしています
  • キッチンに薪ストーブあり ・リビングに薪を使った床暖房”オンドル”あり ・ご近所さんとの関係性は良好 ・集落の出ごとは、年間12回くらい
  • お祭り、体育祭、お掃除などの行事はここからさらに追加されます

 

ここは畑も田んぼも、古民家も、一緒に実験をしていく仲間もいます。

この数年で暮らしの土台は出来てきたんじゃないかなと思うので、この場所を最大限に活かし、持続可能な暮らしを実践する新メンバーを募集します。

 

●申し込みフォーム https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSdgu3GKf3v1fMoKU7KqM9N9UJFcCtZXrF9ncq0o4f8x2igsvA/viewform

 

募集2.新シェアメイト

f:id:motohashiheisuke:20180203122159j:plain

  • いとしまシェアハウスの理念に共感する人
  • 20代
  • コミュニティ作りを実践したい人
  • 地域行事へ積極的に参加できる人
  • イベント企画、運営をしたい人
  • この暮らしをたくさんの人とシェアしたい人 【発信する人】
  • 暮らしを記録/発信/表現できる人 【コミュニティ農園管理人】
  • コミュニティ農園の管理ができる人 【ものつくり担当】
  • シェアハウスのリノベーションができる人
  • 近辺で取れる食材の加工、販売ができる人 【エネルギー担当】
  • 薪ストーブやロケットストーブなど火の扱いが得意な人
  • ソーラーパネルなどの設置、管理ができる人 ●家賃&光熱費の目安
  • 一ヶ月3〜4万円(個室、相部屋あり)
  • 食費・ガス・電気・電話・インターネット:7000〜8000円(住人の人数によって変動あり)

 

シェアハウスメンバーにもお給料が出ます!

f:id:motohashiheisuke:20180203122215j:plain

  1. イベント運営:1回につき5000円(これから月2回行う予定なので、約1万円予定) 1万円あれば最低限かかる月の食費光熱費などはカバーできるかと思います (食費光熱費などは住人の人数により変化します)
  2. イベント企画:(1)のイベントを企画した場合、歩合制でお給料が発生

 

●申し込みフォーム

 

https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSdgu3GKf3v1fMoKU7KqM9N9UJFcCtZXrF9ncq0o4f8x2igsvA/viewform

 

へいすけのまとめ

f:id:motohashiheisuke:20180203195226j:plain

田舎暮らしをするときに、みなさん不安なことは以下の3つ。

 

  1. 住まいがあるか
  2. 仕事があるか
  3. 地域の人とうまくやっていけるか

 

いとしまシェアハウスに住めば、住まいがあり、地域との関係も良好にできている点は、非常にありがたいことだと思います。

 

生活コストもかなり低く済むので、都会で暮らしていたときのようにがっつり仕事をしなくても、自分のナリワイがあったり、育てていけば充分暮らしていけます。

 

とはいえ、暮らしをともにするので、ただ生活コストが下がるからとか、住まいがあるから、という理由だけでいっしょに暮らすのはむずかしいかなぁ〜と。

 

ぼくはシェアハウスになんども遊びに行ったり、泊まったりして感じるのは、いとしまシェアハウスの想いに共感する人や、他人のことを想えるやさしさや心づかいが大切ってこと。

 

住んでいる人は言葉に出さずとも、そんな想いを心に秘めているのが雰囲気から伝わってくるんです。

 

それもふまえて、わたしもいとしまシェアハウスに興味ある!

という方はぜひ申し込みフォームから問い合わせてみてくださいね!

石垣島で石垣牛食べるなら炭火焼肉やまもとがおすすめ!!

こんばんわ!

昔、京都のおいしい炭火焼肉やさんで働いていた、本橋へいすけです。

 

焼肉にはうるさい方なのですが、石垣島で食べた炭火焼肉やまもとさんの特選石垣牛が、お口がとろけるおいしさでした。

 

正直、沖縄でおいしい思い出があまりなかったので期待しなかったんですが、めちゃめちゃうまかったす.....

 

ぜひ石垣島に行ったさいは、炭火焼肉やまもとさんで石垣牛を堪能してくださいね!!

目次

 

 

石垣牛とは?

石垣牛(いしがきうし、いしがきぎゅう)は、沖縄県石垣市及び八重山郡竹富町与那国町)で生産され、一定の条件を満たす黒毛和種牛肉のことである。

 

日本の最南端に位置する八重山諸島では、温暖な気候を活かして、畜産業、特にの生産が盛んである。かつては仔牛として有名産地に出荷されることが多く、八重山諸島で生育された牛のブランドは確立していなかった。

 

しかしながら、2000年7月の九州・沖縄サミットの晩餐会でメインディッシュとして供されたことをきっかけに、ブランド牛肉としての知名度が向上し、八重山諸島での地産地消のほか、全国各地に出荷されるようになった。

 

JAおきなわでは、以下の条件を満たす枝肉を石垣牛と定義している。

  • 八重山郡(石垣市を含む。以下同じ。)内で生産及び育成されたことを示す登記書及び生産履歴証明書を有すること
  • 生後概ね20ヶ月以上八重山郡内で肥育されたこと
  • 純粋の黒毛和種の去勢牛または雌牛であること
  • 去勢牛で24-35か月、雌牛で24-40か月の範囲に出荷されたこと

 wikipediaより

 

石垣牛 炭火焼肉やまもとはこんなお店

f:id:motohashiheisuke:20180130223711j:plain
今やブランド化され高級な石垣牛を、比較的リーズナブルなお値段で食べられるお店です。

 

  • 炭火
  • しちりん

 

で焼くというスタイルからも、お肉をおいしく食べるこだわりが伝わってきます。

 

ぼくは以前、焼き肉店で働いていたので実際に比べて食べたのでわかるんですが、

同じお肉でもガスより炭火、そしてしちりんで焼くとおいしいんですよ^^

 

激おすすめ!炭火焼肉やまもとの特選石垣牛

f:id:motohashiheisuke:20180130223552j:plain

石垣牛のなかでも、「特選石垣牛」と名のつくものはあまり多くはありません。

 

  1. 肉質等級1〜5のうち、上位2つの5か4
  2. 歩留等級A〜Cのうち、上位2つのAかB

 

 の2つを満たしたお肉のみ「特選」の称号が与えられるのです。

 

歩留等級とはかんたんに解説すると、一頭の牛からどれだけのお肉が取れるかというランクです。

 

絶対食べたい!炭火焼肉やまもとメニュー3選

f:id:motohashiheisuke:20180130223631j:plain


石垣牛が食べられるお店、炭火焼肉やまもとで、食べたメニューのなかで、特におすすめなメニューを紹介します。

 

 1.特選石垣牛200g3,800円

f:id:motohashiheisuke:20180130223552j:plain

なんと言ってもおすすめは特選石垣牛。

 

ちょっと頼むのに勇気のいる値段かもしれませんが、絶対食べたほうがいいです!!

きれいなサシが入っています。

f:id:motohashiheisuke:20180130223529j:plain

脂が多いと気になるという方もいるかもしれませんが、しちりんで焼くことにより余分な脂は下に落ちるし、炭火で焼くので胃にもたれることはないです^

 

石垣牛をおいしく食べるコツは、あまり焼かないと肉の旨味が引き出されること。

 

レアに焼いたお肉をお口にほおばれば、

f:id:motohashiheisuke:20180130223459j:plain

お口のなかでお肉がトロけます。

トロけちゃいます!!

f:id:motohashiheisuke:20180130223445j:plain


 

2.ニコタン

f:id:motohashiheisuke:20180130223512j:plain

タンの煮込み。

見てください、このタンの分厚さ!

 

これだけ分厚いのに、しっかり煮込んであってお肉はトロトロ〜。

 

 もおすすめ!!


 

 

3.赤おにぎり

f:id:motohashiheisuke:20180130223508j:plain

 このおにぎりもかなりおすすめ!

 

特製味噌を練りこんだおにぎり。

 

辛味はあるけど、辛みが苦手なかたにも食べてほしいくらい、お肉と、ビールにも合うおにぎりです。

 

 

石垣牛 炭火焼肉やまもとメニュー

炭火焼肉やまもとさんの他のお肉メニューです。

f:id:motohashiheisuke:20180130223611j:plain


ごはん、スープ系はこちら。

f:id:motohashiheisuke:20180130223637j:plain

 

お飲み物メニュー

f:id:motohashiheisuke:20180130223642j:plain

石垣地ビールもあります。

f:id:motohashiheisuke:20180130223545j:plain

地ビールは別メニューもあるので、店員さんに聞くと別のメニューも持ってきてくれますよ。

f:id:motohashiheisuke:20180130223430j:plain

 

石垣牛 炭火焼肉やまもと店内の様子

店内に入るとまずテーブル席があります。

 

店内に入り口付近と奥に座敷もあり。

 

カウンター席もあります。

f:id:motohashiheisuke:20180130223422j:plain

 

石垣牛 炭火焼肉やまもと営業日・営業時間・アクセス

f:id:motohashiheisuke:20180130223706j:plain

関連ランキング:焼肉 | 石垣市

 

人気店なので予約は必ずしていきましょう!!

 

石垣島で石垣牛を食べるならやまもと!まとめ

炭火焼肉やまもとさんは、街の中心からちょっと外れたところにあります。

ぼくが泊まっていたチャイナシーからも徒歩15分くらい。

 

行く途中で飲食店がけっこうたくさんあったのですが、冬の平日ということもあってどこもお客さんはまばら......

 

なのに!炭火焼肉やまもとさんは、ほぼ満席でした!

そりゃぁ、うまいもん!

 

石垣牛を食べるなら、ぜひ炭火焼肉やまもとさん、おすすめです!

合わせて読みたい

石垣島オーシャンビューホテル・イーストチャイナシーのスイートルームが1泊11,000円でおすすめ!!(朝食付き)

f:id:motohashiheisuke:20180131171541j:plain

こんにちは !!

旅行大好き、本橋へいすけです。

 

石垣島にせっかく行くから、オーシャンビューのホテルに泊まりたい!

あんまり高いのはちょっと困る、、、

 

そんな方におすすめなホテルイーストチャイナシー <石垣島>のスイートルームの宿泊レポ。

目次

 

石垣島のホテルイーストチャイナシーとは?

f:id:motohashiheisuke:20180130223853j:plain

石垣島の繁華街のすぐ近くにある老舗のホテル。

位置づけとしては比較的リーズナブルなホテルという印象です。

f:id:motohashiheisuke:20180130223844j:plain

1階のオープンテラスの席がオシャレな雰囲気です。

f:id:motohashiheisuke:20180130223837j:plain

チェックインするとウェルカムドリンクが迎えてくれます。

f:id:motohashiheisuke:20180130223821j:plain

ホテルイーストチャイナシー <石垣島>

 

石垣島のホテルイーストチャイナシーのおすすめポイント

f:id:motohashiheisuke:20180131161427j:plain

石垣島ホテル・イーストチャイナシーに宿泊するおすすめポイントは5つ。

 

  1. スイートルームが1泊11,000円
  2. オーシャンビュー
  3. 繁華街までのアクセス良好
  4. 朝食がおいしい 
  5. 離島旅に便利!!フェリー乗り場まで5分

 

それぞれみていきましょう!!

 

1.石垣島ホテルイーストチャイナシーはスイートルームが1泊11,100円と格安!!

f:id:motohashiheisuke:20180130223814j:plain

ホテルイーストチャイナシーに宿泊すると、スイートルームが1泊11,000円!

朝食付きの夕食なしプランです。

 

時期と曜日によっても変わってくるのでご確認ください。

もっと高いときもあれば、オフシーズンは6945円で予約できる日もありました!

 

専用の広々としたテラスもついています。

スイートルームってそうそう泊まることってないと思うので、スイートルーム体験したい方におすすめ。

 

「スイートルーム泊まったんだ〜」

って言ってみたくないですかっ?

 

2.石垣島ホテルイーストチャイナシーはオーシャンビュー

f:id:motohashiheisuke:20180130223926j:plain

最上階の13階からの景色!

 

ほんときれいです!

もうこれだけで大満足!!

  

夜はプチ夜景もきれいでした〜!

カーテンを開けてゆったり過ごすホテルの夜もいいですよ^^

f:id:motohashiheisuke:20180131130928j:plain
ぼくが行ったのは1月と冬だったのですが、もう少しあったかいとバルコニーで夕日や夜景を見ながらビール飲んだら最高だろうなぁ...... 

 

ちなみにお風呂もオーシャンビューです。

f:id:motohashiheisuke:20180130223757j:plain

窓開けてお風呂に入ってると心地いい風が入ってきます。

 

3.ホテルイーストチャイナシーは石垣島の繁華街が近い

f:id:motohashiheisuke:20180130223711j:plain

イーストチャイナシーは、繁華街の近くにあります。

 

夜、地元のお店に飲みに行くのに徒歩で行けると、便利なのもおすすめポイント!!

おみやげやさんもたくさんあります。

 

夜ごはんは特選石垣牛が食べられる炭火焼やまもとさんまで徒歩15分くらい。

タクシーだと3分くらい。

f:id:motohashiheisuke:20180130223552j:plain

関連ランキング:焼肉 | 石垣市

 

関連記事:石垣島で石垣牛食べるなら炭火焼肉やまもとがおすすめ!! - 愛しの糸島ライフ

 

昼ごはんは八重山そば選手権で2017年グランプリをとった平良商店さんまで徒歩5分くらい。

f:id:motohashiheisuke:20180131161434j:plain

 

八重山そば550円 

f:id:motohashiheisuke:20180131161448j:plain

 

薬味を入れて味わいをいろいろ楽しめます。

f:id:motohashiheisuke:20180131161454j:plain

関連ランキング:沖縄そば | 石垣市

 

4.石垣島ホテルイーストチャイナシーは朝食がおいしい

f:id:motohashiheisuke:20180131130953j:plain

正直、ホテルの朝食や沖縄のごはんにあまり期待していなかったのですが、朝食のバイキングがおいしかったです。

 

沖縄の郷土料理を中心に多品目のおかずが食べられます。

写真はあんまりイケてないですが(笑)おいしかったですよ^^

 

5.離島旅に便利!!フェリー乗り場まで徒歩5分

f:id:motohashiheisuke:20180131163211j:plain

今回は石垣島と竹富島にも行く旅でした。

フェリー乗り場が近くて移動が超楽ちんでした。

f:id:motohashiheisuke:20180131163320j:plain

  

石垣島ホテルイーストチャイナシー泊まる前に知っておきたいこと

f:id:motohashiheisuke:20180130223348j:plain
石垣島ホテルイーストチャイナシーの雰囲気はどちらかというと都会のビジネスホテルに近いイメージのホテルです。

 

ビジネスホテルの最上階に観光用にスイートルームを作った、、、というようなイメージで行くとホテルについたときのギャップが少ないと思います。

 

1泊5万、10万、30万のホテルのスイートルームのイメージとはちょっと違うのでご注意ください。

 

ホテルのサービスも1流ホテルのイメージで行くとギャップを感じると思うのでご注意くださいね^^

 

バルコニーは写真のイメージ通り広いけど、部屋は写真で見るよりそこまで広くないはないです。(とは言っても、ふつうのホテルに比べると広いですよ〜)

 

ここらへんを知ったうえで、宿泊するにはホテルイーストチャイナシーは、

 

  1. オーシャンビューで景色もいい
  2. 夜街に飲みに行くにも他の島に行くのにも便利
  3. コスパ最強!

 

なので、ほんとおすすめです!

 

 

石垣島ホテルイーストチャイナシーまとめ

 石垣島の

  • オーシャンビューのホテル
  • 格安で宿泊する
  • スイートルームに泊まる

なら、ホテルイーストチャイナシーがおすすめです。

今回はぼくたちは、オフシーズンの1月の平日での宿泊の料金で楽天トラベルから予約しました。 

 

楽天の予約画面では12,000円となっていたけど、決済画面で割引きになり11,000円でした。

 

もう少し高いときもあれば、場合によってはもっと安いときもあります。

 

スイールームで過ごす石垣島の旅、あなたもしてみませんか?

愛しの糸島人vol.1 元祖糸島ブロガー・「糸島ゆるゆるライフ」の西川健一さん

f:id:motohashiheisuke:20180130185736j:plain福岡県の糸島よりこんにちは!

愛しの糸島ライフ編集長の、本橋へいすけです。

 

元祖糸島ブログといえば、「糸島ゆるゆるライフ」。

丁寧な記事と、ぬくもりを感じる素敵なブログ。

 

ぼくが移住したときに、西川さんが糸島雑誌に大きく取り上げられていて、あこがれていた人でもあります。

 

 WEB上の発信だけでなく、地元の人からも愛されている人気ブログ。

そんな西川さんにブログ運営についてインタビューしてきました!!

 

  • 地域で愛されるブログとは?
  • 長く愛されるブログとは?
  • ブログ運営の秘訣とは?
  • ブログを始めて人生がどう変わったのか?

 

など、ブログを書いてる人にとっては貴重な情報がたくさんです。

目次

 

糸島ゆるゆるライフの西川さんへインタビュー

f:id:motohashiheisuke:20180130101431j:plain

今回は、糸島は波多江にあるノーダさんで対談。

 

たまにしか出現しないウニのパスタに2人歓喜しながら楽しい対談となりました。

f:id:motohashiheisuke:20180130101821j:plain

ではインタビューいってみましょう!!


 

ブログを始めたきっかけは?

f:id:motohashiheisuke:20180130181242j:plain

休日に時間はあるけど、いつもブラブラとしているだけ。

 

人生を無駄に過ごしているような気がして、何かできることがないかと考えていた。

 

そんな時に「ノマドワーカーという生き方」という本が目に入り読んでみると、すごく面白い生き方をしている人がいるんだなと。

 

しかも職業は「ブロガー」なんと書いてあるから、これしか無い!ってなった。

 

ブログをやれば人生変わるな、と。

 

情報発信は「マイホームページへようこそ」みたいな頃からやっていたから(笑)環境構築はお手の物。

 

嫁と同時にブログをスタートすることに。

それが2013年の1月。

 

ーーブログ初期のころって挫折しやすいから、奥さんといっしょっていうのがいいですね!

 

あとは、ちょうど糸島へ引越しを考えていたタイミングでもあり「糸島ゆるゆるライフ」でタイトルもあっさりと決定。

 

ブログ運営で苦労をしたことは?

f:id:motohashiheisuke:20180130101442j:plain

独自ドメインで立ち上げると、最初はとにかくアクセスが少ない。

 

アメブロとかであれば、いい感じでアクセス解析が持ち上げてくれるけど、独自ドメインだとひたすら頑張るしかない。

 

この低迷した状態をいかに乗り切るかがブログ運営のキモだと思う。

 

ーーアクセスはみんな悩むところですもんね、ぼくも最初はものすごく苦労したんでお気持ちよくわかります。

 

あとは記事を書く時間をどうやって確保するのか。

 

最初はやっぱり時間がかかりがちだから、何かをやめて時間を確保する必要がある。

 

ーー生活の優先順位のどこに置くかも1つポイントですよね。

 

苦労はどのように乗り越えたんですか? 

f:id:motohashiheisuke:20180130101456j:plain

今考えてみれば、糸島をテーマにしたのが良かった。

 

色々なお店に行き、ブログをやっていますと名刺を渡し、記事にする。

 

それをお店の方達もシェアをしてアクセスが増える。

 

しかもブログを始めた頃は、糸島で本気でブログを書いている人はいなかったから、より目立つことになり一気に有名になれた。

 

ーー西川さんの記事はほんとていねいですよね〜。西川さんの記事見て、ぼくもちゃんと書かなきゃってよく思います(笑)

 

ブログは「日記」ではなく「情報」を提供することを常に考えて記事を書き、写真も美しさにこだわったことも、他のブロガーと差別化ができたポイント。

 

ーーその視点がある人って意外とそんなに多くないですよね。

 

だからこそ1年経ったところで編集者さんに声をかけていただき「まったく新しい糸島案内」に載ることもできた。

 

時間の確保については、生き方を変えるしかない(笑)現在は通勤時間中にテキストで原稿を書いてしまい、帰宅してから画像を挿入して公開。

 

ポイントは、ブラウザ上で原稿を書かないこと。

 

クラッシュで原稿が飛んだら泣きたくなるから。

 

ーーぼくもなんどか泣きかけました......

 

iPhoneのUlyssesというエディタを使っている。常時データが保存されるから安心して書ける。

 

iPad、Macとも同期ができる。

 

最高!

 

ーーへぇ〜、すごいっ!

 

ブログをやってて良かったことは?

f:id:motohashiheisuke:20180130101423j:plain

生き方が変わったこと。

 

情報発信することで、ブロガー同士で繋がりもでき、その記事を見て刺激を受けることも多数ある。

 

立花岳志さんの「ノマドワーカーという生き方」という本と、ブログ「No Second Life」をキッカケに始めたことで、今も習慣になっているのがEvernoteを使ったライフログ。

ーーぼくもこの本読みました〜!

 

糸島でEvernoteイベントをやった時に登壇して話したことがある。

 

かなり変態的な運用だけど、元になっているのは立花さんが実行していた方法。

 

でも、あまりの強烈さに、スクリーンショットを見せたら会場がざわついた(笑)毎朝、前日の振り返りを記録する日次レビュー、更に週次レビュー、月次レビュー、年次レビューなど。

 

徐々にフォーマットを変えながら4年半ほど続けている。

 

ーーこれはすごいですねっ!

(実際に画面を見せていただきました)

 

すでに日常になっている。 あとは撮影や取材などで声をかけていただけるようになったことかな。

 

アーティスト写真、ライブ撮影やレポート、プロフィール写真撮影、料理メニュー撮影などなど。休日の時間の使い方が濃密になった。

 

これも、ブログをやっていなければできなかったこと。

 

ブログを書くモチベーションはなに?

f:id:motohashiheisuke:20180130101530j:plain

最初はやっぱりアクセス数だった。

 

でも最初はなかなか伸びてこないので、これをモチベーションにしてしまうと挫折してしまうかも。

 

ーー確かに、長期的にみたらアクセス数ってそんなに大事じゃないですしね。

 

糸島ゆるゆるライフでは、糸島のお店を中心に紹介しているので、そこで何かモチベーションになるものがないかと考えた。

 

お店の魅力をみつけ出して写真を撮り、記事にして、お店の人に喜んでもらおうと。真剣に書けば喜んでもらえるし、色々と良いこともある。

 

今は特にモチベーションがなくても書けるくらい日常になっている。

 

とにかくブログを書くだけで、変化が起こって面白い!

 

ーーおもしろいと好き!に勝るものはないですねっ!!

 

これからしたいことは?

f:id:motohashiheisuke:20180130181245j:plain
まずは糸島で地味に頑張っている方々を応援していけたらと。

 

特に最近はジャズライブが頻繁に開催されていて、少しずつではあるけど盛り上がっている感がある。

 

糸島といえばサンセットライブだけど、それに負けない大規模ジャズライブもできたりするんじゃないかなと思ってる。

 

中洲ジャズ的なやつ。

 

ブログで言えば、新しいブログを立ち上げたい。

 

しかもちょっと偏った内容のもので。

 

ーー例えば?

 

「ピーナツバター同好会」とか「大地のうどんをひたすら食べる」とか「輸入車カタログをゲットする」とか、好きなものの中でも変なテーマで。

 

ーーそれ最高!

 

糸島関係ないけど。

 

ピーナツバター同好会とか、そんなに消費できないから月に1本くらいしか記事が書けないかもしれない(笑)ピーナツバターも大地のうどんも、ちょっと体に影響しそうなのが気になるけど…。

f:id:motohashiheisuke:20180130101442j:plain

輸入車カタログを集めるのは、一見簡単そうだけど、これまた大変。メルセデス、アウディ、BMWくらいなら簡単だけど…。

 

東京出張した時に麻布のランボルギーニとアストンマーティンディーラーの目の前まで行ったけど、あまりの空気感に入ることができなかった(笑) ブログに限らずだと、やりたいことは沢山ある。

 

年始に必ず「100の夢リスト」を書くようにしているけど、今年は現時点で140ある!すでにかなっている夢もいくつかある。

 

「書き出すことで自分の中で意識が高まり実現する」と思う。

 

そういう意味ではブログ記事も同じ。

 

書き続けることで、外部から声がかかり実現することも多数あり。

 

ーーほんとそう思います!

 

とにかく、最初の一歩を踏み出すことが大切だ!

 

 

インタビューを終えて

f:id:motohashiheisuke:20180130101601j:plain

西川さんも、ぼくもスタイルは多少違えど、どちらも共通しているのは、

 

  • 大好きな糸島の魅力を多くの人に伝えたい 
  • 糸島でがんばっている人をWEBの力で応援したい

という気持ち。

 

ぼくも同じメディア運営者として、西川さんのブログを読んでいるといろんなことを感じます。

 

  • ブログへの愛
  • 糸島への愛
  • 人への愛
  • ていねいに書いた文章
  • たくさん撮った写真の中から選んだ1枚
  • 読みやすいように工夫してる
  • 読者さんのことを第一に考えている


なんとなく感じていたことを、今回西川さんに直接聞けてよかったし、とっても刺激になりました。



まわりからはよくライバルとか、どっちがナンバー1だとか、抜かした、抜かされた、なんてことをお互いよく言われますが(笑)、

 

西川さんとお話をしていて感じるのは、どっちがすごいとか、そういうことではなく、お互い、試行錯誤をしてきたからこそわかる、ブログ仲間としてのリスクペクトの空気しか流れていないんです。

f:id:motohashiheisuke:20180130101553j:plain
糸島でブログのこと、WEBのことから、ちょっと専門的なことまで話をできる仲間がいてほんとうれしいです!!

 

西川さんのブログ運営の具体的なノウハウが聞ける!!

f:id:motohashiheisuke:20180130101651j:plain
西川さんと糸島の人(福岡市内、唐津からも歓迎)に、ブログや情報発信の具体的な方法やノウハウをシェアしたいと思って、いっしょにブログイベントを開催することにしました。

 

発信力を上げれば、あなたの想いやサービスを届けたい人に届けることができるようになります。

 

今回のインタビューで、ブログ運営のマインドはお伝えできたと思います。

ブログイベントでは、具体的に

 

  • どうすればアクセスが増えるか?
  • ブログを更新をしなくてもアクセスが集まるようにするにはどうすればいいのか?
  • テレビ・雑誌から取材をしてもらえる方法

など、2人のノウハウをぜんぶ公開!

 

WEBコンサルタントの福田基広さんにもファシリテーターとして、専門家の視点で解説いただく超豪華イベント。

 

質問タイムも設けていますのであなたの聞きたいこと、ぜんぶ答えますよ〜^^

 

日時:2/11(日) 14:00〜16:00

料金:1,000縁

場所:ゲストハウスいとより

参加は下記facebookイベントページより参加ボタンを押していただければ大丈夫です。

 

facebookのアカウントをお持ちでない方は、ブログお問い合わせフォームより申し込みください。

 

電気代を半分に節約しちゃうぞ!!vol.4 【悲報】電気代が上がる......

 

福岡県の糸島よりこんにちは!

電気代削減に挑戦中の、本橋へいすけです。

 

5アンペア生活の著者の斎藤さんに会って、その想いも含めて影響を受けて電気をなるべく使わない暮らしを目指しています。

今までの経緯はこちらから。

第1話:【節約】電気料金月241円の第1歩、冷蔵庫なし生活スタート!!

第2話:電気代を半分に節約しちゃうぞ!!vol.2 現状把握とアンペア変更の申し込みをする

第3話:電気代を半分に節約しちゃうぞ!!vol.3 アンペア変更の工事完了!!

 

今回は電気代節約に取り組んでたのに、電気代が上がっちゃったという話。

 

目次

 

ラブストーリーと電気代請求は突然に......

「ラブストーリーは突然に」という歌もありますが、高額な電気代請求もある日突然やってきます。 

f:id:motohashiheisuke:20180116160249j:plain

 

ん?

 

んん?

 

んんん???

 

ぎょぇ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜!!

f:id:motohashiheisuke:20180116160339j:plain

もしかしたら上がるかなぁ......と思ってはいたけど、予想以上に上がって正直ショック!! 

 

今回の電気代:7,487円

今までの平均:4,339円

 

3,000円アップ、とほほ......

 

電気代が上がった理由

ぼくはものすごく寒がり。

 

南国のイメージがある糸島は日本海側。

冬はけっこう寒いんです。

 

  • テレビ
  • 冷蔵庫
  • 電子レンジ
  • トースター
  • 炊飯器
  • ポット

など数々の電化製品を断捨離をしてきたけど、エアコンだけは手放す気にはなりませんでした。

 

この冬の糸島はかなり寒い。

例年よりも寒くなるのも早く、エアコンをガンガン使っていたところ......

 

 

今後の豊富

アンペアを下げたのでおそらく電気代も下がってくるはず。

アンペアを下げてブレーカー落ちないかもレポします! 

 

今後の電気代に注目しててくださいね!!