愛しの糸島ライフ

地方移住・糸島移住、糸島ランチ・観光スポットや暮らしをつづった本橋へいすけのwebメディア。

愛しの糸島ライフ

ベランダから海が見える物件が決まった糸島移住体験ストーリー

f:id:motohashiheisuke:20181209220523j:plain

福岡県の糸島よりこんにちは!

愛しの糸島ライフ編集長の本橋へいすけです。 

 

糸島のゲストハウスいとよりでは移住希望者専用のショートステイプランがあります。

 

移住にあたっては何度か糸島を見てから決めた方がいいという想いから、リピーターさんが安くなるような料金設定をしています。

 

最初は通常営業のなかで1泊2日か2泊3日で糸島を見て感じて、自分に合うな〜と思った方はショートステイプランで4〜10日くらい移住体験をするのがいいかと思います。

 

今回ショートステイプランを利用されたのはいとよりリピーターのさおりさん。

糸島移住を決めて今回は物件探しで滞在しに来られました。

 

ネットで見て住みたいと思っていた物件がとても住める状態じゃなく途方に来れていたさおりさんが、「ベランダから海が見渡せる最高の物件」を見つけた大逆転劇の移住体験記をお届けします。

目次

 

1日目  10/19(金)

f:id:motohashiheisuke:20181209172420j:plain

いとよりに到着。

昨日福岡入りして親戚の家に泊まり、今日はその家で夕方までずっとゴロゴロしていた。

 

電車に乗って18時ごろいとよりにつき、シェアごはんの準備。

メニューは

  • サンマの塩焼き
  • きんぴらごぼう
  • 具だくさんのとん汁
  • ウインナーとズッキーニの炒め物
  • なにかの酢の物
  • 土鍋で炊いたご飯

 

全部めちゃくちゃおいしかった!!

 

いっしょに泊まっている糸島芸農のためにやってきた2人の女子となるみさんへいすけさんと飲みながら話したあと就寝。

 

2日目 10/20(土)

f:id:motohashiheisuke:20181209172412j:plain

朝、大楠で買ったパンとレモンスカッシュを海を見ながら浜辺で食べる。

 

ウミネコが水を飲みに来てニャーと鳴くのがかわいい。

毎日こんな景色が見れたら最高だろうなと思う。

 

いとよりに戻って洗濯したあと、糸島クラフトフェスへ。

 

筑前前原駅から臨時バスに乗って10分で到着。

14時半頃だったのでなるみさんおすすめの鯖寿司は売り切れだった。

 

500円のタンドリーチキンと500円のナポリタンスパゲッティを屋台で買って食べる。

 

すごくおいしい!

 

他にも焼きそばやソーセージやコーヒーなどおいしそうなものがたくさんあったが夕食に差しつかえるといけないのでがまん。

 

食後に器の店を中心に中を見て回る。

 

どれもおシャレでかわいくて全部欲しい気持ちと、買ったら破産するという思いで胸が苦しくなる。

 

結局マグカップ5つにまで絞り、その中から800円の訳ありカップと3,500円の白いカップを買った。

 

飛行機内で割れると嫌なので移住して来るまでいとよりに置かせてもらうことに。

 

会場でばったり会ったなるみさんの車に乗せてもらっていとよりに戻る。

 

ちょうど17時半頃だったので歩いて海に行き夕日を見た。

太陽が今まで見たことないくらい大きかったけど、糸島の夕日はでかいのだろうか......

 

 

いとよりに戻って夕食の準備を始める。

今日のメニューは

  • 手巻き寿司
  • 牡蠣
  • サザエ
  • きゅうりの酢の物
  • ウィンナーと玉ねぎとオクラの炒め物
  • ポテトサラダ
  • トマト
  • 豆腐チヂミ
  • 春巻き

などで

手巻き寿司の具は、納豆、ツナ、錦糸卵、きゅうり、刺身もあった。

 

どれもおいしくて全種類のおかずを食べたくてみんなしばしば無言になる。

糸島移住を考えてる女の子がもう一人いて、私が内見に行く予定物件を見てきたとのこと。

 

印象を聞いたら虫の死骸が大量にあってショックを受けた、と言うので私もショックを受ける。

 

とりあえず自分の目で確かめようと、心をなだめながら就寝。

 

3日目 10/21(日)

f:id:motohashiheisuke:20181209172432j:plain

陶芸体験と海に沈む夕日が見える露天風呂!

 

朝パンのあと、へいすけさんなるみさんと牧のうどんへ。

 

早めのランチを食べる。

糸島のソウルフードらしく麺がブヨブヨしていておいしい。

 

今日は恵水釜でロクロで器を作る。

陶芸体験を申し込んでいる。

 

窯に着くと優しそうな男性が迎えてくれた。

マンツーマンで教えてくれるらしい。

お茶碗を作りたくてロクロを回してみるが、形を崩さないように器を薄くするのがすごく難しい。

 

何度も失敗してようやくピッチャーとごはん茶碗が出来上がった。

 

あとは焼いて自宅に送ってくれるのを待つだけ。

すごく楽しみ!

 

そして今日は快晴なので夕日がめちゃくちゃ綺麗に見えるはず。

私は急いでバスと電車を乗り継ぎ海と夕日が見えるという露天風呂がある喜八荘に向かった。

 

喜八荘に向かって歩いてる途中夕日が沈んでいくのが見える。

 

「間に合ってくれ〜!」

と祈って走って喜八荘に飛び込み、露天風呂に駆け込むと、ちょうど最後の夕日が沈む瞬間だった。

 

オレンジ色の空と海を堪能しいとよりに戻って夕食をとる。

 

メニューは昨日の残り物と、セブンイレブンのチキン。

今夜は1人なのでゆっくりしようとベッドに入ったら気絶するように眠ってしまった。

 

4日目  10/22(月)

f:id:motohashiheisuke:20181209172405j:plain

物件の内見日。

いい部屋見つかるのか!?

 

今日は深江のとある物件の内見日。

「ここしかない!」と思って他の物件を調べていない。

 

朝、不動産屋さんと現地で待ち合わせ、早速中に入る。

 

階段を上って行くにつれて、どんどん壁や天井に虫が増えていく。

部屋の前に着くと足下には大量の虫の死骸、上には鳥の巣、くもの巣、下には鳥のフン......

 

おととい

あそこはヤバイ!!」

と言われてて覚悟していたつもりだったが、まさかここまでとは......

 

頭が真っ白になる。

不動産屋さんもドン引きしている。

 

ショック状態のままなんとか部屋に入り

「窓からの景色は結構いいですね!!ハハハ......」

と現実逃避。

 

しかしベランダにもハトのフンが落ちている。

次に同じ物件の空室をいくつか見て回るがどれも同じ状況。

 

「入る前に清掃してくれるんですよね!?」

と不動産屋さんに詰め寄るも

「中はキレイになると思いますが外側どうですかね......」

と心もとない返答。

 

失意の中、筑前前原駅へ向かう。

 

「いったん横になりたい」と思うほど気分が落ち込んでいたが、ひとまずランチを食べることに。

 

ここのき(雑貨やさん)で器を見たあと、古材の森(カフェ)へ。

 

古民家と豪華な食事を前にしても気持ちは全く晴れない。

もそもそ食べながら範囲を広げて他のエリアの物件も調べることにする。

 

少し離れたところに2軒部屋を見つけた。

 

「本当は深江に住みたいけど一応内見しておくか。」

と朝は別の不動産屋さんに電話し、数時間後に迎えに来てもらうことに。

現れた不動産屋さんは気さくで明るい感じ。

 

「安いほうがいいですもんね!!まずは家賃3万円の方に向かいましょう!!」

と海沿いのアパートへ。

 

虫の死骸がないことに安心しながらエレベーターで上がり1つ目の部屋を見る。

 

景色はまあまあかなと思いつつ2つ目の部屋に向かい玄関を開けた。

 

f:id:motohashiheisuke:20181209172443j:plain

するとベランダに繋がる窓から一面に海が広がっていた。

f:id:motohashiheisuke:20181209172440j:plain

感動で叫び声をあげると、初めて来たらしい不動産屋さんは

「ぼくならここに即決します。」

と景色に見入っている。

 

「ここに住むためならどんな犠牲も払う!」

という思いがこみ上げてくる。

 

コンロが一口しかないことも、トイレがウォシュレットじゃないことも、全てどうでも良かった。

 

不動産屋さんに

「契約します!」

 

と告げ、父親に電話して保証人になってもらい、事務所で契約書に名前を書いた。

 

「絶対家賃が高くて無理だ」と諦めていた「海が見える家で暮らす」という夢が急に叶ったことが信じられない。

 

いとよりに戻ってなるみさんと鏡山温泉に行く間、ずっとその感動を語り続ける。

 

鏡山温泉で入浴、食事をすませ幸せな気持ちで眠りについた。

 

5日目 10/23(火)

f:id:motohashiheisuke:20181209172429j:plain

牡蠣小屋でバーベキュー!そして大阪へ......

 

今日は糸島から大阪に帰る日。

夜の飛行機を取っているので、昼は牡蠣小屋「ケンちゃん牡蠣」でバーベキューをする予定。

 

なるみさんと朝パンをしたあと、新居の家具の配置について話し合う。

めっちゃ楽しい。

 

無事家も決まり、目的を達成してルンルンで家に帰れる。

なるみさん、へいすけさん、5日間本当にありがとうございました!!

 

ショートステイを終えてのアンケート

f:id:motohashiheisuke:20181209172408j:plain

恒例のアンケート。

 

1.なぜ糸島に来ましたか?

移住の物件を探すため、糸島クラフトフェスに行くため。

 

2.糸島のいいところ、好きな地域があれば教えてください

海・山・田んぼがあるところ、移住者も地元の人も糸島を愛している感じがするところ。 一貴山~福吉あたり。

 

3.糸島の不便なところ、困ったことがあれば教えてください

バスの便数が少ないところ。

 

4.他の移住候補地はありますか?

なし

 

5.ショートステイを終えて全体的な感想と今後の計画を教えてください

f:id:motohashiheisuke:20181209172416j:plain

最初は「4泊もして暇にならないかな」と少し心配していたのですが、楽しいイベントやお店、体験などがたくさんあって充実した時間を過ごせました。

 

「いとより」では、いつでも洗濯できるのがとても助かりました!

 

1人で暮らしつつ、なるみさんがちょこちょこ気にかけてくださるバランスがよかったです。

 

いい物件を見つけて無事契約できたので、来年から糸島に移住しようと思っています。

 

糸島に来ると、なぜかすごく安心感を覚え、穏やかな気持ちになれます。 来年から住人になれるのが、今からとても楽しみです。

 

移住成功の秘訣を編集長が解説

f:id:motohashiheisuke:20181210100551j:plain

今回のさおりさんの移住成功の秘訣は東京に住んでいるときに場所にとらわれず生活費を稼げるスキルがあったこと。

 

出版社で編集の仕事をしていたので、退職後もWEBメディアの編集や記事を請け負うことができたのが大きいです。

 

生活費ぜんぶでなくても月に5万、10万くらいは場所に関係なく稼ぐスキルがあると移住したときに収入の心配が軽減でき移住がしやすいです。

 

また場所にとらわれない仕事の場合、仕事の報酬が地方価格になりにくいこともメリット。

 

田舎は生活コストが安いのでいいですね!

 

  • ライター
  • せどり

などは比較的収入になりやすいですね!!

合わせて読みたい

 

クラウドワークス ココナラ などのサービスを使うと自分に集客力がなくても、ライター、サイト作成、ロゴ作成、イラストなどの仕事を得ることができます。

 

ぼくもWEBスキルがオンラインで学べるコミュニティを運営しているので、将来地方移住したい人は今のうちに学んでおくのもおすすめです。

合わせて読みたい

 

移住検討者の方のためのショートステイの記事は以下からどうぞ!!

移住検討者専用のショートステイプラン詳細