読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

愛しの糸島ライフ

地方移住・糸島移住、糸島ランチ・観光スポットや暮らしをつづった本橋へいすけのwebメディア。

愛しの糸島ライフ

ダンザパデーラ、糸島の野菜ランチバイキングに1年通い続けたレポート

糸島ランチ

糸島よりこんにちは!

ダンザパデーラに1年通い続けた、ダンザパデーラ通の本橋へいすけです。

 

1年通い続けて見えてきた、ダンザパデーラのお得情報も含めてお伝えしていきますね! 

 

目次

 

ダンザパデーラとは?

DSC01984糸島の二丈、上深江にある、野菜中心で約50種類のバイキングの人気店。

 

バイキングと言っても、シェフが常に料理をしていて、新しいお皿が次から次へと出てきます。

 

時間は90分で

  • 11:30から
  • 13:00から


 

ダンザパデーラ店内

ダンザパデーラは靴を脱いで入るシステム。

DSC01985
ダンザパデーラは靴を脱いで入るお店。

ほっこりくつろげて、オシャレな友だちの家に来たみたいな気持ちなります。
DSC01986
カウンター席もあるので、1人でも気軽に来れます。

f:id:motohashiheisuke:20170305000632j:plain

店内には糸島の画家・宮田ちひろさんの絵も飾られています。

f:id:motohashiheisuke:20170305000704j:plain

 

ダンザパデーラのバイキングメニュー

f:id:motohashiheisuke:20170305000728j:plain

ダンザパデーラさんのバイキングは、ほぼ野菜のみで作られています

完全なベジタリアンメニューではないですが、野菜中心なのでとってもヘルシー。

 

そのときの旬の野菜をシェフが、月替わりでメニューを考えて出しています。

 

野菜と真摯に向き合った料理に、リピーター続出!!


バイキングって肉!魚!みたいなイメージがあるけど、
糸島の旬の野菜がたくさん食べれてうれしい!
DSC01980

 

 

ダンザパデーラのパスタは3種類

パスタも毎月少しずつ変わります。

 

基本は

  1. トマトソース系
  2. ブイヨン系
  3. クリームパスタ

 

の3種類。

 

たまにプラスしてシェフが気まぐれで、最後にもう1種類作ってくれる時もあります。

 

手前は糸島産イカとアサリのペスカトーレ
DSC01988

女子にはこちらのクリーム系が人気
DSC01982

 個人的にはダンザパデーラさんは、ブイヨン系のパスタが1番好きです。

f:id:motohashiheisuke:20160625221745j:plain

 

 

ピザ

f:id:motohashiheisuke:20160625221837j:plain

定番のマルゲリータや野菜系のピザから、時にはスイーツ感覚のピザもあります。

f:id:motohashiheisuke:20170305001028j:plain

 

新感覚のカレー

ダンザパデーラは、他ではあまり食べることのできないテイストのカレーがあります。


新ジャガイモとごぼうのポタージュカレー

お米も白米と雑穀米から選べます。
お店がある地域、糸島の二丈産がうれしいです。
DSC01990
このカレーのルーはとろとろで、やさしい味なのに濃厚。
今まで食べたことない新感覚のカレー。

韓国テイストのお皿

写真左が和風かき玉スープ、真ん中が春野菜のスンドゥブ、右が味噌ラーメンスープ。
DSC01978

ダンザパデーラさんは野菜中心で、パスタやピザなどイタリアンテイストなお皿も多いです。

 

その中ではキラリと光るコリアンテイストなスンドゥブもいいです。

スンドゥブを白飯にぶっかけて食べるのがシェフのオススメ!

 

中華テイストなお皿

ユーリンチーなど中華系のお皿もあります。

春にはたけのこユーリンチーになっています。

 

予想越える食材の組み合わせメニュー

ダンザパデーラでは、ぼくらの予想超える食材の組み合わせによって、運ばれてくるお皿もあります。

 

例えばこの、 南瓜とバナナのシナモンオーブン焼き

f:id:motohashiheisuke:20160625221657j:plain

この組み合わせはすごい!!

思いつかないなぁ〜

 

かぼちゃとバナナの食感が合うのに加えてシナモンのセンス!

 

春には、いちごのお寿司も出てましたね〜。

食べる前はドキドキでしたが、合うんです。

 

う〜ん、どうやって思いつくんだろう......

 

 

 

充実のドリンクも体にやさしいラインナップ


DSC01975
ハーブ水、ルイボスティー、びわの葉茶、ばんぺいゆの酵素シロップ、しょうがといちごのミックスジュース、コーヒーと体がよろこぶラインナップ。

なるべく手作りのものを出したいという想いもあるようです。

ダンザパデーラの料金、システム

ダンザパデーラさんは90分食べ放題で1,500円。

 

予約枠は

  • 11:30
  • 13:00

の2枠です。

 

ダンザパデーラさん、最近は開店と同時に行列が出来てたりします。
予約をして行くのがオススメ。

 

 

 

常連が教えるダンザパデーラのお得情報

1年ダンザパデーラさんに通ったからこそわかるダンザパデーラさんのお得情報をまとめました。

 

【1】予約は13時がおすすめ

個人的にはダンザパデーラさんは、13時の枠の方がゆったりしててオススメです。

 

11時30分の枠は、料理を穫ろうとするお客さんの勢いと目の鋭さが鬼気迫るものがありまして、ぼくはちょっと苦手なんです。

 

ただ11時30分にしてしか味わえないのは、誰も手をつけていないお皿から料理をよそう幸せ感も捨てがたい......

 

【2】金曜13時は比較的空いている

ダンザパデーラさんは人気でよく行列ができています。

そんなダンザパデーラさんもなぜか金曜日はお客さんが少なめとのこと。

特に13時の枠が狙い目とのこと。

 

【3】13時の予約枠は500円テイクアウトができる

f:id:motohashiheisuke:20160718234657j:plain

13時の予約枠の醍醐味と言えば、ワンコインでテイクアウトができます。

料理があまっていたときのみになります。

 

お家でダンザパデーラが楽しめるなんてうれし〜ですね!

翌日のお弁当に詰めるのもおすすめです。

 

 

【4】味が安定するのは月の中旬以降

f:id:motohashiheisuke:20160719001031j:plain

ダンザパデーラのメニューは月替わりで変わります。

基本、シェフが月末に一気にメニューを考案して、1日から出すというスタイル。

 

月初は、まだ味が定まっていないので、当月の味がカチっと決まってくるのは、月の中旬以降です。

 

完成度を求める人は月の半ば過ぎにいきましょう!!

月初めと月末に1回ずつ行って、違いを楽しむのもダンザパデーラ通にはおすすめ。

 

 

【5】月初は2ヶ月分の料理が食べられるのでお得

 秘かなおすすめが1日。

なぜかというと、当月の新メニューも食べられますが、前月の食材が余っているので、前月分のメニューも少し食べることができるんです。

 

1日に行くと2か月分のメニューが楽しめちゃうんでお得〜♫

 

  

ダンザパデーラ営業時間

受付時間:11:30〜14:30(受付後90分) 
定休日:毎週日曜、月曜

予約枠:11:30   13:00

 

ダンザパデーラへのアクセス

住所:糸島市二丈深江1456−1(二丈庁舎沿い 深江保育園近く)

Tel:092-325-2880


福岡方面からだと前原インター下りてそのまままっすぐ進みます。
5分ほどで左手にナフコが見えます。


ナフコがある交差点を斜め右に曲がります。
しばらくまっすぐ進むと左手に見えてきます。
DSC01996

駐車場に注意

ダンザパデーラの駐車場は少しわかりにくいのでご注意を。

まずお店の前に止めれるのは、2台のみです。

f:id:motohashiheisuke:20170305005602j:plain

 8.9です。

f:id:motohashiheisuke:20170305005607j:plain

あとは隣の空き地がダンザパデーラの駐車場です。

お店の前は、ほぼ止めれないので、となりの空き地の駐車場に停める方が無難。

f:id:motohashiheisuke:20170305005558j:plain

 

ダンザパデーラの素敵なご夫婦

シェフは糸島の人気店サンフラワーで料理長をしていたそうです。


素材1つ1つに向き合うことが大切


料理に、素材に真摯に向き合っているお話を聞いて、ぼくもとても刺激を受けました。
真摯に向き合って、それを楽しんでいる感じがいいですねぇ〜。


たくさんのお客さんを奥様が1人で接客をしつつ、お皿の減り具合もチェック、
お客さんの様子も気にしながらされてました。


ご夫婦ともに二丈に住んでいて、ぼくも二丈なので二丈愛の話で盛り上がりました!
とっても素敵なご夫婦です。
DSC01994
夫婦の温かな人柄が、お店の雰囲気と料理に出ていました。
そんなほっこりするダンザパデーラさんぜひ行ってみてください。

 

糸島ランチのおすすめ特集はこちらから

www.motohashiheisuke.com