読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

愛しの糸島ライフ

地方移住・糸島移住、糸島ランチ・観光スポットや暮らしをつづった本橋へいすけのwebメディア。

愛しの糸島ライフ

東京銀座のイタリアンレストランでチーズ作り→糸島移住を夫婦で検討の横山さんにインタビュー

f:id:motohashiheisuke:20170307172006j:plain

福岡県の糸島よりこんにちは!

糸島移住の相談が増えてきて、事前のメールのやり取りで、どんな人柄かわかるようになってきた、本橋へいすけです。

 

福岡移住、糸島移住を検討されている横山さん。

糸島に移住の視察に来た際に、インタビューさせていただきました。

 

 

東京の銀座で働く横山さんの現在

千葉県出身の横山さん。

神奈川県の横浜市で、奥さんと犬2匹と暮らしています。

 

仕事は銀座のイタリアンレストランで、主にチーズ作りを担当されています。

 

ぼくは昔から、おいしいものには目がなくて、かつては銀座のレストラン巡りもしてました。

 

横浜に住んで、銀座で仕事って、なんかいいなぁ〜と思ってしまいます。

 

そんな横山さんが、なぜ移住を考えるようになったのか?

インタビューをしてきました。

 

目次

 

移住を考えるきっかけ

f:id:motohashiheisuke:20170314005856j:plain

へいすけ 「横山さんは、なんで移住しようと考え始めたんですか?」 

 

横山さん 「月6日休みで長時間労働で、家族との時間があまり取れないことから、ダウンシフトして、家族との時間を大事にするために福岡への移住を考えました。」

 

へいすけ 「ぼくも昔は、超長時間労働だったので気持ちわかります......」

 

ダウンシフトとは?

ひと言で言うと、長時間労働して出世するのではなく収入や出費を減らして、好きなことやストレスのない生活をして、減速して生きること。

 

関連記事:地方移住したい人のためのオススメ書籍セレクション5冊

 

 

福岡を選んだ理由

f:id:motohashiheisuke:20170314010024j:plain

へいすけ 「ダウンシフトするには、他にもいろんな土地があると思いますが、福岡市か糸島市が候補になった理由ってなんですか?」

 

横山さん 「街もコンパクトで、都会から海も山も近く、美味しい食べ物も豊富で、キャンプが趣味の私達にはぴったりだと思い、福岡を移住先の第一候補としています。」

 

へいすけ 「そうですね!ぼくも全国いろいろ住みましたが、住みやすさと、食のクォリティーという点で、福岡は断トツですね。」

 

 

将来の夢

f:id:motohashiheisuke:20170314005306j:plain

へいすけ 「移住したらどんな暮らしをしたいですか?」

 

横山さん 「将来は地元の新鮮な野菜と、手作りチーズを使ったベジタリアンのカフェをやりたいと思っています。」

 

へいすけ 「いいですね〜!めっちゃ行きたいです!!。」

 

 

住まいの候補は博多か糸島

f:id:motohashiheisuke:20170314005931j:plain

へいすけ 「どの辺に住みたいとかイメージはありますか?」

 

横山さん 「まずは博多に住んで生活の基盤を安定させてから、更に自然の豊かな糸島方面に移住するか、都会に残るかを考えた方がいいのかと思っています。」

 

糸島の二丈が候補

横山さんから、関東に戻ってからメッセージをいただきました。

 

実際にお話が聞けていろいろイメージが更に深まりました。

 

その後伺ったダンザパデーラのご夫婦もとても良くしてくださり、糸島のこと、二丈のこと、実際に東京から移住して、住んでいる方でないとわからないコアな情報もたくさん教えてくださいました。

 

 

ますます糸島、そして二丈のことが好きになりました!

僕もいつか二丈会に入れたら!と思っています。

 

 

1番の心配は仕事

へいすけ 「移住するにあたって心配なことはなんですか?」
 
横山さん 「仕事です。仕事もできれば早く独立をしたいのですが、土地も人もわからないところでいきなり開業するのは危険だと思うので、都会で働きながら準備を進めるのがいいのかなと思っています。
 
 
妻は理学療法士なので、比較的全国どこでも安定して仕事があるので問題ないと思います。」
 
 

移住後に送りたいライフスタイル

f:id:motohashiheisuke:20170314005223j:plain

へいすけ 「では、最後に移住したらどんな暮らしを送りたいですか?」

 
横山さん 「僕は、将来は本橋さんのブログから知った、東京池袋のオーガニックバー・高坂さんのように、半農半カフェで生活していきたいと思っています。
 
先日、たま月にも行って来ました。
人の集まる素敵な空間ですね。
 
多くは稼がなくていいので、時間を大事にし、家族が暮らせる規模で、持続可能な生業を起こしたいと思っています。」
 
へいすけ 「いいですね!糸島でお店を開く日を楽しみにしています。」
 
 
横山さん 「はい、また糸島に行きますね!」
 
 

へいすけ的まとめ 

糸島に初めて来た人の多くが、糸島の魅力にハマっていきます。
 
ぼくが、熱弁しなくてもみなさん、糸島を好きになってくれてうれしいこと。
 
今回ご紹介の横山さんも、博多か糸島にしようかと、迷っていたようですが、糸島に来て、見て、感じて、話して、糸島を好きになってくれました。
 
今年の夏か秋には移住したいそうです。
横山さんの夢叶うといいですね♪
 
糸島より応援してます!
 
 
 
移住を検討している方は、こちらの記事を参考に。
 
♪移住におすすめ記事セレクション♪