読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

愛しの糸島ライフ

地方移住・糸島移住、糸島ランチ・観光スポットや暮らしをつづった本橋へいすけのwebメディア。

愛しの糸島ライフ

移住者が教えるスローライフしたい人のための5つのポイント

地方移住 心を整える 田舎暮らし

f:id:motohashiheisuke:20170104233224j:plain

福岡県の糸島よりこんにちは!

田舎暮らし歴3年半の、本橋へいすけです。

 

ぼくが東京というコンクリートジャングルから、福岡県の糸島市(陸続きの半島です)に移住して、世間的にはスローライフ、と言われるような生活を送っています。

 

実際に、

  • スローライフをしてみてどうだったのか?
  • スローライフをしたい人は、どうすればいいのか?

 

今日はスローライフのホントのところを、糸島からお届けします。

 

 

目次

 

1.スローライフとは?

f:id:motohashiheisuke:20170104231207j:plain

そもそもスローライフってなんだろう?

 

Wikipedeiaによると、

スローライフ(Slow Life)とは、生活様式に関する思想の一つである。

 

ファストフードに対して唱えられたスローフードから派生した考え方で、大量生産・高速型のライフスタイルに対して、ゆっくりした暮らしを提案するもの。

 

Slow livingに相当する和製英語である。

 

明確な定義はないが、地産地消や歩行型社会を目指す生活様式などを指すことが多い。

日本の高度成長期以前の生活はスローライフであったとも言える。

 

つまり、明確な定義はないけど、ただ単にゆったりと生きる、という意味だけではないということ。

 

体に入れる食べ物を、体にいい食べ物にしたり、

自分たちの暮らしを自分たちで作っていく過程で、

ゆったりとした暮らしに近づいたり、

忙しく追われる日々から、自然と離れていくということだ

と、ぼくは感じます。

 

2.スローライフがあなたにもたらすこと

 

【天空のお昼寝】 #福岡 #糸島 #立石山 #青空 #朝日 #海 #絶景

本橋へいすけさん(@heisuke335)が投稿した写真 -

もしあなたが、田舎でスローライフをしたら、どんな暮らしになって、毎日をどのように感じるでしょうか?

 

スローライフは、あなたに3つのことをもたらします。

  1. 都会から離れたスローライフでは、満員電車で押しつぶされることもないでしょう
  2. 自然に囲まれたスローライフは、あなたの疲れた体と心を癒すことでしょう
  3. 田舎の人情味あるスローライフは、あなたの固くなった心もゆるまるでしょう

 

スローライフをするって、

  • あなた本来の輝きを取り戻す
  • あなたがあなたらしく生きること

 

そういうことではないでしょうか?

 

 

3.田舎暮らしって本当にスローライフ?

f:id:motohashiheisuke:20161126182607j:plain

では、田舎暮らしって本当にスローライフなんでしょうか?

 

ぼくは、田舎暮らしって、そんなにスローじゃないと思いますよ。

あっ、期待を裏切るようで、ごめんなさい。

 

農家さんは、それこそ年中忙しそう......

 

農家さん以外も、若い人から、ご年輩の方まで、仕事や、付き合いって、都会と変わらずあって、忙しいです。

 

でも、田舎暮らしでは、生活は忙しくても、イキイキとした表情の人が多いし、都会のように病んでる人は、圧倒的に少ないです。

 

というか、多少のぐちを聞くことはあるけど、病んでる人には会ったことはないなぁ......

 

まとめると田舎暮らしは、あなたが思っているほどスローな暮らしではないけど、あなたが思っている通りの充実した暮らしになるってこと。

 

4.都会でできるスローライフ

f:id:motohashiheisuke:20170104231429j:plain

スローライフって、もともと、ファストフードの反対のスローフードから派生した考え方です。

 

大量生産や、すぐできるという高速化に伴って、失くしてしまったコトを、取り戻すこと。

 

だからスローライフは、田舎暮らしじゃなくても、都会でもできるんです。

 

例えば、お米を炊くのに、炊飯器を使わずに、土鍋で炊くのもスローライフだと思います。

 

ぼくも、土鍋自体は、東京にいる時から持ってたけど、実際に使い始めたのは、糸島に移住してから。

 

炊飯器より、手間はかかるけど、同じお米でも、びっくりするくらい、ごはんがおいしくなります。

 

他には朝、通勤の時に、いつもより5分だけ家を早く出てみる。

 

アスファルトに咲く花や木々を眺めたり、

朝の澄んだ空気を全身で感じたり、

きらきら輝く太陽の光を受け止めたり、

 

といった朝の過ごし方もスローライフの1つでしょう。

 

 

夜、寝る前に、自分と向き合ったり、瞑想する。

 

そんなささいなことを、体と心で受け止めるのも、都会でできるスローライフではないでしょうか?

 

5.スローライフの本質

糸島に移住して3年半が経ちました。

 

移住して、自然に囲まれた場所で暮らして、東京のいる頃に比べると、だいぶ生きるスピードがゆっくりになりました。

 

スローライフといっても、ただゆっくり暮らすことがいいのではなくて、ゆっくり暮らすこと、ゆったりとした時間を噛みしめることで、感じる心の変化心の充足感こそが、スローライフの本質だと感じます。

 

 

糸島に移住して感じるスローライフの先にあるもの

f:id:motohashiheisuke:20170104231227j:plain

スローライフは、ぼくにいろんなことを教えてくれました。

 

  • 急がなくてもいいこと
  • 成長、成果でさえ、ゆっくりでもいいこと
  • 自然には毎日、小さな変化があること
  • くもりの日や、雨の日も愛せるようになったこと

 

それらは、「幸福度」という言葉に置き換えると、間違いなく幸福度は高くなりました。

 

もちろんそれだけでも、幸せなんだけど、今の暮らしが、充実感に満ちあふれているのは、糸島で出会った人たちとの繋がりがあるから。

 

「幸福度」って、最後は人がもたらすものなのかなぁと、思うスローライフな日々です。

 

<合わせて読みたい> 

地方移住3年で分かった、15のメリットと7のデメリット