愛しの糸島ライフ

地方移住・糸島移住、糸島ランチ・観光スポットや暮らしをつづった本橋へいすけのwebメディア。

愛しの糸島ライフ

ドコモから格安SIMに変えたら携帯代が月1600円に節約できた!!

f:id:motohashiheisuke:20170608140616j:plain

いろいろ断捨離中の、本橋へいすけです。

 

あなたは携帯代がもっと安くなったらいいと思ったことはありませんか? 

 

生活費の中でも、もったいない出費のベスト3に入るであろう、携帯代。

 

ぼくは携帯代に毎月1万くらい払っていました。

が、昨年末に思いきってスマホをドコモから、格安SIMのFREETELに変更。

 

携帯代が月に1600円になりました!!

あぁ〜、今までなんと無駄なお金を払っていたことか......

 

もし格安SIMに変えていなかったら、今後10年間で100万以上も多く払っていたと思うとゾッとします。

 

 

変更する前は、電波とか通信速度とか、不安はたくさんあったけど、半年近く経って、快適に使えて、毎月8,000円以上も携帯代が浮いて、自由にできるお金も増えてうれしかったので、シェアしようと思います。

 

ぜひ、この記事を読んで、あなたも携帯代を節約して、毎月美味しいもの食べに行きましょう!!

目次

 

年間10万の携帯代節約で海外旅行に行ける

ぼくはもともと携帯代に毎月1万円くらい払っていました。

今は毎月1,600円なので、年間約10万円を節約できた計算。

  

節約したお金で、アジアなら海外旅行に行けちゃいます。

収入はなかなか増えない時代なので、支出を上手におさえて暮らしを豊かにしていきましょう!!

 

 

 

格安SIMとは? 

f:id:motohashiheisuke:20170409005737j:plain

ぼくもそうでしたが、そもそも格安SIMって、知らない人にとっては、

  • 何それ?
  • わかんない
  • こわい!
  • 怪しい!
  • 電波不安!

だと思います。

 

格安SIMは低価格のインターネット・通話サービス

みなさんのスマホの中に入っている小さなICカード。

SIMカードと言います。

 

SIMカードは、通話やインターネットをするのに必要です。

 

現在OCNや楽天モバイルなど、多くの会社さんがSIMカードを使って、docomo,au,softbankなどの大手の携帯会社さんからインターネット回線・通話回線を借りて、インターネットや通話のサービスを提供しています。

 

docomo,au,softbankなどの大手の携帯会社さんよりも、安くインターネットや、通話ができるため「格安SIM」と言われています。

 

 

格安SIMは通信速度が遅かったり電波は悪くないの?

f:id:motohashiheisuke:20170409005811j:plain

格安SIMを使ってから1番よく受ける質問は、

 

「電波とか通信速度とか大丈夫なの?」

 

実際使ってみた感想は、まったく問題ないです。

 

格安SIMと言っても使っている電波は、docomoなどの回線を利用してますから。

 

たまにちょっと遅くなったりもあるけど、使うには支障はないレベル。

 

ではここで格安SIMのメリット・デメリットについて整理してみましょう‼︎

 

 

格安SIMのメリット

f:id:motohashiheisuke:20170608134719p:plain

格安メリットはこれにつきます。

 

毎月の携帯代が節約できる!!

今までとほぼ同じ通話品質、インターネットの速度で、月々の携帯代が2000円前後に節約できると考えたら、携帯会社を変えてみたいと思いませんか?

 

 

格安SIMのデメリット

f:id:motohashiheisuke:20170608134715p:plain

格安SIMはメリットばかりかというと、そうではありません。

デメリットもあります。

 

デメリットは大きく分けると2つ。

1.〜〜.docomo.ne.jp などのキャリアメールが使えなくなる

2.LINEのID検索ができない(LINEモバイルは可)

 

それぞれ見ていきましょう!!

 

 

格安SIMのデメリット1.キャリアメールが使えくなる

格安SIMのデメリットは、今まで使っていた携帯メールアドレスが使えなくなります。

 

〜〜.docomo.ne.jp などのメルアドですね!!

 

ぼくの場合は、ドコモのメルアドはほとんど使っていなくて

  • Gmail
  • メッセンジャー
  • LINE 

 でやり取りしてたので、全く影響なしでしたが......

  

最近は、LINEやメッセンジャーでやり取りをする人が多いから、大丈夫だと思います。

 

 

格安SIMのデメリット2.LINEのIDの検索ができない

格安SIMはLINEの年齢認証ができません。

年齢認証ができないため、ID検索ができなくなります。

 

今の時代LINEを使っている人が多く、IDを交換する場面も多いので、ID検索できないとけっこう不便になるかもしれません。

 

ただ、会社をLINEモバイルにすればLINEのID検索ができるので大丈夫です。

 

 

格安SIMに乗り換えたら違約金は?

ドコモ、au、ソフトバンクの3大キャリアだと、2年縛りがありますよね。

2年の間で解約すると1万円を取られてしまうアレです。

 

だから2年経ってからしようと考える人も多いと思います。

家計を節約したいなら、なるべく早く変えた方が断然お得!!

 

違約金を1万取られたとしても、携帯代を月1万くらい使っている人なら、2ヶ月で元が取れちゃいますから。

 

携帯代にそんなに払っていない人でも3ヶ月で元が取れるので、これから払う携帯代のことを考えると早く乗り換えた方がお得です♪

 

なんたって年間10万お金が節約できますから〜^^

ぼくは浮いたお金で、沖縄の宮古島行ってきましたよ! 

 

 

携帯代を節約!!格安SIMの料金プラン

f:id:motohashiheisuke:20170607225555j:plain

各社違いはありますが、ぼくが使っているFREETELのプランは、端末込みのコミコミプランと定額プランとあります。

 

iPhoneを使いたい人は、定額プランになります。

 

定額プランは

1GB,3GB,5GB,8GB,10GB〜とあります。

 

ぼくは3Gにしました。

毎月の携帯代は1,600円まで節約できました。

 

ドコモの時は、7Gでもちょこちょこ容量超えたりしてたけど、

会社によってはLINE、facebook、メッセンジャー、Instagram、TwitterなどのSNSが使い放題なんです。(SNS使い放題は一部の会社のみのサービスです。

f:id:motohashiheisuke:20170606204046p:plain

 つまり容量に入らないってこと。

  

ぼくはポケットwifiを持ってるので3Gで充分。

約半年使っていますが、快適な格安SIMライフです。

 

家にネット回線を引いていて、家ではwifi飛ばしてネット使っている人も、3GBであれば充分だと思います。

 

インターネットの通信データ込みで考えてる方は、

  • 5GBで月2,200円
  • 8GBで月2,800円

のプランなどがいいのではないでしょうか?

安い〜!

 

各社時期によって、キャンペーンなどで料金や容量が変わるので、詳しくは各会社のHPをご覧ください。

 

 

携帯代を節約するのにおすすめ格安SIMの会社はどこ?

f:id:motohashiheisuke:20170606203252j:plain

たくさんある格安SIMの会社。

会社はたくさんあるけど、通信速度や料金は各社違くて、なかなかわかりづらいというのが現状。

 

ぼくも今でこそわかるけど、昔はよくわかりませんでした。

 

格安SIMのコンサルをしている専門家の友人がいるので、改めて

  • 携帯代が節約できて
  • 通信速度も速い

 

おすすめの会社を聞いてみました。

おすすめの会社は2つあって

 

  1. FREETEL
  2. LINEモバイル

 

です。

 

 

1.FREETEL

f:id:motohashiheisuke:20170409010013j:plain

格安SIMの中でも、通信速度も速いです。

なんと言っても主要SNSが使い放題なのが魅力。

 

facebook、LINE、instagram、メッセンジャー、Twitterなどが使い放題で、容量にはいりません。

 

ぼくが使っているのもFREETELです。

唯一のネックはLINEのID検索ができないことですかねぇ......

 

ネームバリューはあまりないですが、快適に使えていますよ^^

 

 

2.LINEモバイル

f:id:motohashiheisuke:20170606220217j:plain

格安SIMで最近人気なのは、LINEモバイル

 

ぼくに格安SIMを教えてくれた専門家の人も、最近FREETELからLINEモバイルに乗り換えをしていました。

 

理由はLINEモバイルはFREETELで使えなかったLINEの年齢認証が使えるからです。

FREETEL同様に、通信速度も安定しており、主要SNS使い放題なのも魅力。

 

初月利用料も無料というのも嬉しいところ。

利用料金の1%分のLINEポイントも貯まるので、貯まったポイントでLINEスタンプを購入することができます。

 

 

大手の安心感もありますね。

 

ぼくに格安SIMを教えてくれた専門家の友人は、毎月の使用量が90円高くなるにもかかわらずその他のメリットを考慮して、FREETELからLINEモバイルに乗り換えていました。

 

 

  • 初めて格安SIMにする
  • 格安SIMはよくわからない
  • LINEを使う

 

という方は大手の安心感や、ID検索が使えるLINEモバイルから始めるのがいいと思います。

 

携帯代節約の実践編:格安SIMに乗り換える方法

f:id:motohashiheisuke:20170608140616j:plain

最後に格安SIMに乗り換える方法を、3つの手順に分けて、わかりやすくお伝えします。

 

今回は格安SIM専門家がおすすめするLINEモバイルを例にお伝えします。

 

LINEモバイル以外で検討したい方も2番目までは同じ手順。

 

手順は

  1. SIMフリーのスマホ、ドコモのスマホ、SIMロック解除したau・SoftBankのスマホを用意する
  2. MNP予約番号を発行する
  3. LINEモバイルのホームページで申し込みをする

 

です。

では詳しくみていきましょう!!

 

 

手順1.LINEモバイルに対応したスマートフォンを用意する

f:id:motohashiheisuke:20170608133342j:plain

LINEモバイルルに対応したスマートフォンを用意する必要があります。

 

大きく分けると3つの方法があります。

  1. SIMフリーのスマートフォン
  2. docomoのスマートフォン
  3. au・SoftBankのSIMロック解除したスマートフォン

 

それぞれ解説していきましょう。

 

1.SIMフリーのスマートフォン

f:id:motohashiheisuke:20170608133416j:plain

新品がいい方はアマゾンや楽天で「SIMフリー スマホ」で検索をして買う。

もしくは家電量販店で買う。

 

iPhoneに変えたい方はApple StoreでSIMフリー携帯を買う。

 

中古でもいい人は、メルカリや、ブックオフなどで買う。

もしくは知人のお古を譲ってもらう。

 

 

 

2.docomoのスマートフォン

docomoユーザーの方はそのままスマートフォンを使えます。

 

3.au・SoftBankのSIMロック解除したスマートフォン

 au・SoftBankの携帯はショップへ持ち込みSIMロックの解除をすることで、LINEモバイルを使えるようになります。

 

比較的最新の機種で、契約から6ヶ月以上経っているという条件がありますので、下記を参考に1度問い合わせをすると良いですよ^^

 

 

 

 

 

手順2.MNP予約番号を発行する 

 今使っている電話番号を引き継いで格安SIMに乗り換えるには「MNP予約番号」が必要です。

 

MNP予約番号は、簡単に言うと、番号そのままで他社に乗り換える際必要な、解約するときに発行される番号です。

 

 

MNP予約番号の発行は3つ方法があります。

  1. パソコンから発行する
  2. 電話で発行する
  3. 携帯ショップで発行する

 

ショップだと引き止められたりすることも多く、わずらわしい方は電話でMNP予約番号を発行しましょう。

 

 

各社の問い合わせ先は以下の通りです。

 

 

 

手順3.LINEモバイルのホームページから申し込みをする

f:id:motohashiheisuke:20170606220217j:plain

ではいよいよLINEモバイルの申し込み手順です。

LINEモバイルは、公式ホームページから申し込みをします。

LINEモバイル

 

【知らないと損するLINEモバイル契約のお得情報】

LINEモバイルは通常契約する時に、契約手数料が3,000円かかります。

 

アマゾンで買える「エントリーパック」を買っておくと契約手数料が0円に!!

エントリパックは990円で買えるので、契約手数料を実質2000円割引きで買えますよ^^

 

 

1.LINEモバイルのトップページから「申し込み」をクリック

f:id:motohashiheisuke:20170606215204j:plain

 

2.申し込み前の確認画面の下側の「上記同意のうえ申し込み」をクリック

f:id:motohashiheisuke:20170606220208j:plain

 

3.「コードを使用して申し込みからアマゾンで購入したコードを入力して「次へ進む」をクリック

f:id:motohashiheisuke:20170606220203j:plain

 

4.「SIMカードのみ」を選択

 

f:id:motohashiheisuke:20170606220551p:plain

 

5.コミュニケーションフリーを選択

f:id:motohashiheisuke:20170606215251j:plain

 

6.自分の使いたい容量を選択して「データ+SMS+音声通話」を選択

f:id:motohashiheisuke:20170606215145j:plain

 

7.自分が持っているスマホ対応したSIMを選択

f:id:motohashiheisuke:20170606215234j:plain

 

自分のスマホに対応したSIMサイズがわからない方は「自分のスマホの名前・型番 SIM サイズ」で検索するとわかります。

 

iPhone使っている人は、iPhone5以降はナノSIMです。

 

8.必要なオプションを選択して次へ進む

f:id:motohashiheisuke:20170606215226j:plain

 

9.申し込み区分で「他社からの乗り換えMNP転入を選択」

f:id:motohashiheisuke:20170606215242j:plain

 

10.「MNP予約番号」「MNP予約番号の有効期限」「転入予定携帯番号(自分が使っている電話番号)」を入力

f:id:motohashiheisuke:20170606215200j:plain

 

11.お客様情報を入力してメールアドレスの確認をして登録完了!!

 

12.LINEモバイルが到着したらSIMカードをスマホに差し替える

LINEモバイルのSIMカードが最短2日、おおむね3〜4日で届くようです。 

 

13.APN設定をして使用開始!!

 SIMカードを挿しただけでは、インターネットが使えません。

 

「APN設定」をする必要があります。

お使いのスマホによって設定方法が違うので、以下を参照にしてくださいね^^

  

 

「格安SIMに変えて携帯代を節約」まとめ

f:id:motohashiheisuke:20170608140616j:plain

あなたが格安SIMに変えた場合、

  1. 携帯代が2000円前後に節約できる
  2. 通話スピードは問題ない
  3. 違約金払ってもすぐ元が取れる

 

格安SIMに変える手順は、

  1. 格安SIMに対応したスマホを用意する
  2. MNP予約番号を発行する
  3. LINEモバイルのホームページから申し込みをする

 

手順通りに手続きをすれば、1時間くらいで手続き完了します。

ぜひあなたも携帯代を節約して、おいしいもの食べたり、旅行に行ってくださいね^^

 

地方移住を考えている人は、移住前に固定費を減らしておくことが大事ですよ

LINEモバイルの申し込みはこちからから