愛しの糸島ライフ

地方移住・糸島移住、糸島ランチ・観光スポットや暮らしをつづった本橋へいすけのwebメディア。

愛しの糸島ライフ

移住検討者は必見、糸島市の広報誌はWEBから見れる!!地域情報をゲットしよう

こんにちは!

2017年の7月に東京から糸島市へ移住をした佐藤みなこです。

 

現在、糸島市の地域おこし協力隊として活動しています。

 

当ブログメディア「愛しの糸島ライフ」を読んだのがきっかけで、糸島へ移住をしました。

 

移住先として人気の糸島市。

 

移住したい人にとって知りたい情報と言えば

 

  • 行政サービス
  • 病院のこと
  • 仕事
  • 住まい
  • 現地の生の地域情報

 

その情報がほしいという方におすすめなのが糸島市の広報誌。

 

糸島での仕事やマイホーム取得奨励金などのお宝情報が載っています。

(毎月載っているとは限りません)

 

f:id:itoshima55:20180503184222j:image

糸島市が月に2回発行している広報誌。

A4サイズの全面フルカラー、15〜31ページの立派な冊子です。

f:id:itoshima55:20180503184549j:image

実は糸島市の広報誌は糸島市民ではなくてもネットから見られるんです。

 

広報いとしま - 糸島市

 

糸島への移住希望者は必見!!

 

ぜひお気に入り登録をして定期的にチェクして見てはいかかがでしょうか?

全国どこにいても糸島のお宝情報がゲットできますよ♪

 

目次

 

糸島市の広報誌とは

f:id:itoshima55:20180503184324j:image

毎月1日と15日の2回、糸島市の全世帯に配布されるA4サイズの冊子。

  • 1日発行の広報誌は31ページ
  • 15日発行の広報誌は15ページ

で構成されています。

 

f:id:itoshima55:20180503184410j:image

なんと全ページフルカラー!!

 

糸島市役所の職員さんがお祭りや糸島で活躍している人を取材。

丁寧に詳しく解説されています。

 

これだけの良質な記事をたくさん載せるのは大変だろうなぁ。

広報誌を作っている糸島市役所の職員さん、スゴすぎます!!

 

糸島市の広報誌の中身

f:id:itoshima55:20180503184257j:image

では糸島市の広報誌には、どんな内容が書かれているのか?

 

「行政が出している広報誌って、なんか固そう・・・。読みずらそう。つまらなそう。お宝情報なさそう・・・。」

 

そう思われた方もいらっしゃるかもしれません。

  

でも糸島市の広報誌はアラサー女子のわたしが見ても、ほんと情報の質が高くておもしろいんです!!

  

上の写真にあるように全ページフルカラーで読みやすく工夫されています。 

f:id:itoshima55:20180503184457j:image

もちろん行政らしくお堅い内容もありますが

f:id:itoshima55:20180503184517j:plain

休日や夜間も営業している病院情報、乳幼児検診に、行政の相談窓口などなど。

移住後に役立つ暮らしの情報や行政のサポートが詳しく載っています。

 

こういう情報が遠方にいても知ることができるのは助かりますよね?

f:id:itoshima55:20180503200108j:image

他には糸島で活躍されている方の紹介や 

f:id:itoshima55:20180503200117j:image

糸島のイベント情報も載っています。

 

「広報いとしま」はWEB版がある

f:id:itoshima55:20180503200127j:image

糸島市民だけでなく糸島へ移住したい人にも役立つ情報満載の「広報いとしま」。

なんと糸島市民でなくてもWEBからも見ることができるんです。

 

広報いとしま - 糸島市

 

定期的にチェックすることで、全国どこにいても糸島のお宝情報がゲットできますよ!!

 

チェックするおすすめのタイミングは毎月1日と15日の月2回。

「広報いとしま」が発行されるタイミングで、内容を見て見ましょう。

 

仕事や住まいといったお宝情報がゲットできるかも。

  

編集長のコメント 

広報いとしまは毎月届くのでぼくも欠かさず見ています。

 

実は恥かしながら最近まで広報いとしまがWEBから見ることができることって知らなかったんです......

 

糸島に住んでもうすぐ5年になるぼくが知らなかったので、糸島移住検討している方も知らない方が多いのではないかと思って、今回取り上げさせていただきました。

 

ふだんぼくは関東や関西から移住相談を受けることが多いです。

 

遠方にいても糸島の生の詳しい情報を知ることができる「広報いとしま」はおすすめなのでぜひこの機会にチェックしてくださいね^^