読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

愛しの糸島ライフ

地方移住・糸島移住、糸島ランチ・観光スポットや暮らしをつづった本橋へいすけのwebメディア。

愛しの糸島ライフ

糸海(いとしい)は糸島の穴場のおすすめ牡蠣小屋!!味よし、混まない、ロケーションよし/二丈・深江

福岡県、糸島よりこんにちは!

本橋へいすけ(@heisuke335)です。

 

冬の糸島の代名詞と言えば、牡蠣小屋。

糸島の7つの漁港で、20ヶ所以上あります。

 

牡蠣小屋サイトもあるけど、結局どこがいいの?

 

当ブログ「愛しの糸島ライフ」、facebook「糸島が好き!」ページを運営する、ぼくがいろいろ行って、特におすすめなのは、深江にある「糸海」さんです。

 

「いとしぃ」と読みます。

では「糸海」さんの魅力について語ります!

 

201611.07 投稿

2016.11.16  平日の定食利用を追記

 

目次

  

   

糸海(いとしぃ)はロケーションが最高!

牡蠣小屋と言えば、ふうつは漁港にあります。

なのでロケーションは期待できないのですが、糸海(いとしぃ)さんは、牡蠣小屋なのに、ロケーションまでいいんです!

 

見てください、この南国チックなロケーション

f:id:motohashiheisuke:20161107155909j:plain

しばし、冬を忘れてしまいます、、、

 

こんなロケーションは、糸島の牡蠣小屋でもここだけですね^^

 

糸海(いとしぃ)は炭火焼きだからおいしい!!

ぼくは昔、ちょっといい焼き肉やさんで働いていたこともあり、焼き物にはいろいろこだわりがあります。

 

同じ肉でも、炭火かガスかで味はけっこう変わるんです。

糸島の牡蠣小屋も、炭火とガスのところとあります。

 

やっぱり、炭火の方がおいしいです。

糸海(いとしぃ)は、炭火焼きなので、うれしいです。

f:id:motohashiheisuke:20161107160426j:plain

火力が弱いなと思ったら、炭を足してもらいましょう。

同じ素材でも火力によって、味わいがだいぶ変わりますので^^

 

糸海(いとしぃ)の牡蠣は大粒でプリップリ

f:id:motohashiheisuke:20161116164750j:plain

同じ日に他の牡蠣小屋に行ったわけではないので、断定はできないのですが、深江の牡蠣は他の牡蠣小屋よりも、大粒でプリップリです。

 

何度か同じ頃に回ってみたこともあるのですが、相対的に大粒でプリプッリなんですぅ〜。

 

糸海(いとしぃ)はあまり混まない

深江漁港のだいぶ奥にあります。

さらに車では離合が難しい道を行くので、他の牡蠣小屋に比べると人が少ないです。

 

ぼくみたいに、人ごみが苦手な人にはおすすめです。

車の運転が苦手な方は、注意してくださいね〜。

途中の道はけっこう細いです。

f:id:motohashiheisuke:20161107160041j:plain

 

牡蠣小屋でビール飲んだら幸せ〜!

f:id:motohashiheisuke:20161107160311j:plain

昼から牡蠣やはまぐり、ホタテを焼いて

f:id:motohashiheisuke:20161107160349j:plain

カキ飯食べて

f:id:motohashiheisuke:20161107160329j:plain

昼からビール飲む幸せ^^

 

牡蠣爆発のまめ知識

牡蠣小屋に行ったことある方なら、だれも経験がある牡蠣の破裂・爆発。

怖いですよねぇ、、、

 

爆発しても、危険を回避をする方法があります。

それは牡蠣を焼く向きを外側にするんです。

f:id:motohashiheisuke:20161107160311j:plain

こうすることで、牡蠣が破裂したとしても、自分たちにはかからないので、安全です。

 

平日は定食利用もおすすめ

からあげ定食600円です。

見てください、このからあげのボリューム感。

f:id:motohashiheisuke:20161116164812j:plain

塩麹につけたからあげ。

貝汁がついてくるのですが、あさりの量の多さがハンパないです!!

f:id:motohashiheisuke:20161116164824j:plain

こんなに入れて、採算取れるのか!?って言うくらい下までぎっしり貝が入ってます。

これに牡蠣飯もついてきます。

 

安い〜!

 

キムチ鍋500円でごはんつき!

f:id:motohashiheisuke:20161116164833j:plain

韓国料理のユッケジャンスープに近い味わい。

常連さんは最後に、卵を落として、雑炊にするそうです。

 

糸島(いとしぃ)営業時間・アクセス

営業時間:11:00〜17:00

定休日:火曜 

Tel:090-5477-5216

住所:〒819-1613  福岡県糸島市二丈松末 二丈松末2002−1

行き方

深江にある、きららの湯がある橋から、海側に入ります。

まっすぐ行くと海のところまで来ます。

f:id:motohashiheisuke:20161107160023j:plain

奥の道をひたすらまっすぐ進みます。

途中の道は、かなり細いので気をつけてくださいね!

f:id:motohashiheisuke:20161107160041j:plain

こんなところに牡蠣小屋があるのだろうか、不安を抱えながら進むと、やがて糸海さんにつきます。

f:id:motohashiheisuke:20161107155921j:plain

糸海の編集後日記

糸海さんには、無農薬レモンと、二丈産ゆずが置いてあります。

f:id:motohashiheisuke:20161107160238j:plain

牡蠣と言えば、レモンを選択しがちなぼくでしたが、二丈産ゆずと牡蠣の、お口のハーモニーがすばらしいので、ぜひ試してみてくださいね^^

  

うちから歩いて行けるという好立地。

冬の間、昼から飲みに行ってしまう日々が続かないか、一抹の不安を抱えて暮らしております、、、