読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

愛しの糸島ライフ

地方移住・糸島移住、糸島ランチ・観光スポットや暮らしをつづった本橋へいすけのwebメディア。

愛しの糸島ライフ

地方移住に失敗しないための知っておくべき14の具体例

地方移住 田舎暮らし

福岡県の糸島よりこんにちは!

 

東京、愛知、京都、大阪、福岡市、糸島とたくさんの地方に住んだ、本橋へいすけです。

 

日々移住の相談を受けていると、シングル、夫婦2人世帯より、家族世帯の方がハードルは高いと、リアルに感じます。

 

収入、子ども、病院など、考えることの重みが増えます。

そんな方に、とても参考になる本を見つけました。

 

家族で地方移住、はじめました。」 移住ライフ研究会著

   

 

今日はこの本に出てくる14の事例をもとに地方移住に失敗しないために何をポイントに考えればいいのかを、全国の地方都市を住んだぼくの見解を具体的にお伝えしますね!!

 

目次

 

「家族で地方移住、はじめました」の内容

サブタイトル

働き方・生き方を変えた、いまどきの子育て世代の選択

 

構成は6章からなっています。

 

  1. 地方でお店を出す
  2. 地方で起業する
  3. 地方でモノづくり
  4. 地方で農林水産を始める
  5. 地方で就職する
  6. 初めての地方移住マニュアル

細かい内容は、本にお任せするとして、各事例の概要といろんな場所に住んだぼくからの各地方への移住の見解をお伝えしますね^^

 

見解のポイントは

  • 移住に成功したポイント
  • 移住に失敗しないために考えるべき点

3つ★評価として

  • 移住の難易度
  • 移住にかかる費用
  • 生活の安定度

評価と言うとえらそうな感じですが、地方移住を検討している方が、参考になる指標を★の数で表すとわかりやすいかなぁと思ったので。

 

  • 難易度は★が少ない方が簡単
  • 費用も★が少ないとお金がかからない
  • 安定は★が増えるほど、生活が安定しやすい

 

 

では1つずつみていきましょう!

 

地方移住をしてお店を出す編

難易度   ★

費用       ★★★

安定       ★★

 

開業にあたっては、職種や今までの経験を活かせば難易度は高くないです。

ただ店舗費用、改装費用等のお金がかかる場合が多いです。

 

認知度が上がる、お店や人に魅力があって、軌道に乗れば安定しやすいです。

 

3組の家族が紹介されています。

 

1.岡山県西粟倉村へ移住  木工作家×飲食店

f:id:motohashiheisuke:20161128221230p:plain

西粟倉村役場HP

 

ご主人の山田さんが木工作家、奥様に西原さんが飲食店経営をしています。

 

西粟倉村は

  • 人口約1,500人
  • 面積の9割が人口林の過疎地域

 

岡山県西粟倉村へ移住成功のポイント

  • 都会の人を集客した
  • スタイリッシュなwebページを作ったこと

 

岡山県西粟倉村へ移住に失敗しないための検討ポイント

  • 医療機関が少ない、遠い

 

本橋へいすけの要チェック移住ポイント

都会の人を集客したという点ですね。

地域の人向けにビジネスをすると2つデメリットがあります。

 

1つは、そもそも集客する絶対的な人口が少ないこと。

もう1つは所得が都会より少ない分客単価が下がること。

 

なので、生活コストが少ない田舎に住みながら、単価が上がる都会の人向けにビジネスを考えるのは、かしこい方法です。

 

2.山梨県富士川町へ移住  ゲストハウス

f:id:motohashiheisuke:20161128221600p:plain

富士川町HP

 

古民家を改築して夫婦でゲストハウス運営をしています。

 

山梨県富士川町、下高下(しもたかおり)地区は、

  • 標高500メートル
  • 20世帯が暮らす集落

 

山梨県富士川町下高下へ移住成功のポイント

  • 移住前に何度も訪問して人とのつながりをつくった
  • 合わなさそうなお客様は事前に断っている

 

山梨県富士川町下高下へ移住に失敗しないための検討ポイント

  • 近所の目が光っている

 

本橋へいすけの要チェック移住ポイント

移住前に何度も訪問して人とのつながりをつくった点。

移住前に何度も訪問をすると、土地の様子が肌で感じられるようになります。

加えて、季節によって変わる移住候補地の顔も知ることができます。

 

同じ土地でも季節によって住み心地はかなり変わる場合もあるのでご注意を。

ただ訪問するだけでなく、移住先の人とのつながりが移住前にあるかどうかは、ほんとに大きなポイントです。

 

入ってくる情報量、移住してからの地域への溶け込み具合はだいぶ変わってきますので。 

 

3.愛媛県松山市へ移住  革職人

f:id:motohashiheisuke:20161128222002p:plain

松山市HP

 

人材派遣会社で働くサラリーマンだったが、東日本大震災を機に、革職人の道へ。

 

愛媛県松山市の西部に位置する三津浜(みつはま)地区。

  • かつては栄えていたが次第にさびれていった港町
  • 近年、レストラン、パン屋、オシャレなカフェが増えてもいる

 

愛媛県松山市三津浜への移住成功のポイント

  • 移住までのスピード感
  • 移住当初は東京の仕事があった

 

愛媛県松山市三津浜地区へ移住に失敗しないための検討ポイント

  •  地域との距離感

 

本橋へいすけの要チェック移住ポイント

移住して仕事が安定するまでに、移住前の仕事が継続的にできるのは、経済的にも精神的にも安定しますね。

 

あなたも今やっている仕事は移住してもできないか?工夫すればできないか?を考えておきましょう。 

 

地方で起業する編

難易度  ★★★

費用     ★

安定     ★

 

スキルやノウハウを商品に変えれば、初期費用がかからずに起業できます。

起業して生活していくには、集客する必要であり、つながりがない土地で、いきなり起業するのはハードルがあがります。

 

 

4.福井県鯖江市河和田町へ移住 デザイナー

f:id:motohashiheisuke:20161128222142p:plain

福井県鯖江市HP

 

京都で建築を学んでいたころ、大学の准教授からの手伝いからの縁で移住。

福井県鯖江市は、

  • めがね、漆器、和紙など、モノづくりのさかんな町
  • 人口約900人

 

福井県鯖江市河和田町へ移住成功のポイント

  • PR力
  • ヨソモノ視点

 

福井県鯖江市河和田へ移住へ移住に失敗しないための検討ポイント

  • 新しいことへの反発

本橋へいすけの要チェック移住ポイント

昔から、なにかを大きく変えることができるのは、「ヨソモノ」と「バカモノ」なんて言われていました。

 

外から来たからこそ、移住先の魅力を発見、PRすることができるでしょう。

 

 

5.鹿児島県屋久島町へ移住  エコツアーガイド

f:id:motohashiheisuke:20161128222353p:plain

屋久島町HP

 

日本で「ハワイのカウアイ島」のような土地を探して移住。

 

屋久島は

  • 鹿児島の最南端から約60キロ南西にある島
  • 面積は淡路島と同じくらい、東京山手線の約7倍です
  • 人口は約13,500人

 

鹿児島県屋久島町へ移住成功のポイント

  • 移住前の視察
  • 前職の経験を活かした

 

鹿児島屋久島町へ移住に失敗しないための検討ポイント

  • 島への運搬費用

 

本橋へいすけの要チェック移住ポイント

こちらも移住前の視察。

ほんと大事ですね。

生の情報は検索しても出てきませんから。

 

 

6.兵庫県神戸市淡河町へ移住 農村移住コーディネーター

f:id:motohashiheisuke:20161128222655p:plain

f:id:motohashiheisuke:20161128222656p:plain

ウェブマガジン淡河 | 淡河町の情報を住民達が収集し、発信。生活者の息づかいを伝えるウェブマガジン。

 

利便性の田舎で、複業スタイルで、リスクの低い田舎暮らし。

 

神戸市と聞くと、オシャレな街をイメージされると思います。

 

淡河町は

  • 神戸市の中心から車で約30分の農村地域です。
  • 人口約3,200人 。

 

兵庫県神戸市淡河街へ移住成功のポイント

  • 複業
  • とかいなか(都会に近い田舎)

 

兵庫県神戸市淡河街へ移住に失敗しないための検討ポイント

  • ......見当たらない。海がないくらいでしょうか

 

本橋へいすけの要チェック移住ポイント

複数の仕事を掛け持ちする複業。

複業のメリットは2つあって、1つのビジネスで稼ぐ金額は少なくていいので、難易度が下がること。

もう1つは、どれかビジネスが失敗したり、廃れていってもリスク分散ができること。

 

 

 

7.岩手県遠野市へ移住 会社経営

f:id:motohashiheisuke:20161128222803p:plain

遠野市HP

 

被災地に行ったときの縁と心境の変化を機に移住。

 

岩手県遠野市は

  • 内陸部にある人口3万人弱の町
  • 山に囲まれた盆地です

 

岩手県遠野市へ移住成功のポイント

  • 地域おこし協力隊としての収入
  • 永住にとらわれない肩の力が抜けた移住

 

岩手県遠野市へ移住に失敗しないための検討ポイント

  • 冬は寒いのと豪雪地域

 

本橋へいすけの要チェック移住ポイント

移住=永住というイメージが強いと思います。

これからの時代は、移住は1つのステップ、通過点という考えもいいと思います。

心理的なハードルも下がりますし。

 

いずれにせよ、自分が動きやすいようにしておくというのは大事ですね。

場所にとらわれない仕事、荷物を少なくしておく、ということも意識しながら生活しておくとよいでしょう。

 

地方でモノづくり編

難易度  ★★

費用      ★★

安定      ★★

 

短期間でモノづくりのノウハウを習得できるものも探せばあります。

モノづくりは終わりなき旅のよう。

心が奪われるようなモノづくりができるようになるまでは時間がかかるでしょう。

誰かに認められる、地域に認知される、取り扱ってくれるところを増やすということがポイントでしょう。

 

8.長崎県波佐見町への移住 陶芸家

f:id:motohashiheisuke:20161128222953p:plain

波佐見町HP

 

陶芸家として名前も売れ始めたので、東京を出ようと移住。

 

長崎県の波佐見町は

  • 焼き物で有名な有田焼の有田の隣町
  • 有田より住宅費用が安い

 

長崎県波佐見町へ移住成功のポイント

  • 目先の利益より長期目線
  • 熱意

 

長崎県波佐見町へ移住に失敗しないための検討ポイント

  • 過疎化

本橋へいすけの要チェック移住ポイント

住宅コストを下げるということ。

人生の3大資金と言えば、住宅資金、老後資金、教育資金。

 

住宅コストが下がるのは生活していくうえで、大きなメリットです。 

 

 

9.和歌山県田辺市の秋津川集落へ移住 製炭士

f:id:motohashiheisuke:20161128223214p:plain

和歌山県 田辺市HP

 

気楽な気持ちで移住、市の担当者からの提案で製炭士に。

 

和歌山県田辺市は、

  • 近畿の中では最大の面積
  • 人口も和歌山市の次に多い町
  • 秋津川集落は市街地から車で1時間半くらい

 

和歌山県田辺市の秋津川集落へ移住成功のポイント

  • まずは誘いに乗る
  • 家族経営

 

和歌山県田辺市の秋津川集落へ移住に失敗しないための検討ポイント

  • 人付き合い

本橋へいすけの要チェック移住ポイント

家族経営はとてもいいなって思うんです。

お互いの得意を活かして、不得意を埋めれると最高ですね。

 

移住先の環境で、仕事を一緒につくってくのは楽しいって思いませんか?

 

仕事の話がいいコミュニケーションになります。

ケンカに注意だけど......

 

お子さんもそんな両親の背中を見て育つというのは、とてもいい影響なんじゃないかなぁ。 

 

地方で農林水産を始める

難易度  ★★★

費用      ★

安定      ★

農業は、習得するまでに時間がかかります。

通常の仕事は、PDCAサイクルを早く回せば、安定に近づいていきます。

農業の場合は、1年に1回しかPDCAを回せないという点で難易度が高いです。

 

天候にも左右されます。

ただし、なにがあっても自分たちの食べる分くらいはなんとかなる、という点では安心ですね。

 

 

 

10.愛媛県今治市の大三島へ移住 柑橘農家・リモンチェッロ販売

f:id:motohashiheisuke:20161128223529p:plain

愛媛県今治市HP

 

イタリアのリモンチェッロに魅了され、日本で作りたいと移住。

 

大三島は

  • 愛媛県最大の島
  • 島と言ってもフェリーの他、しまなみ海道で車でも行けます

 

移住検討の方は、こちらのページもおすすめ。

大三島.net

 

愛媛県今治市の大三島へ移住成功のポイント

  • 海外のモノを日本で売る
  • ネット活用
  • 両親も移住

 

 

愛媛県今治市の大三島への移住に失敗しないための検討ポイント

  • しまなみ海道は料金が高い 

 

本橋へいすけの要チェック移住ポイント

両親の移住は大きいですね!!

子育て世代にとっては生活のサポートをしてくれる両親の移住は心強いところ。

本にもそう書いてあります。

 

ただぼくの思う視点はちょっと違うんです。

40代を過ぎたころに多くの方が直面するのが親の介護について。

 

地方移住した方も同じですが、距離が遠いと大変です。

同じように移住して、近くに住んでいるというのは、介護が必要なときにも安心なのではないでしょうか?

 

実際、地方移住した方で、親も移住してくれないかな〜、と言っている人も多いですね。

 

11.島根県海士町へ移住 漁師

f:id:motohashiheisuke:20161128223902p:plain

隠岐郡海士町HP

 

大阪で開催されていた「漁業支援フェア」参加を機に移住。

 

島根県海士町は

  • 島根半島の北、約50キロにある隠岐諸島
  • 移住支援のサポートも手厚く、移住者も多いです 

 

島根県海士町へ移住成功のポイント

  • 移住促進に前向きな地域へ移住
  • IT活用

 

島根県海士町への移住に失敗しないための検討ポイント

  • アクセス

 

本橋へいすけの要チェック移住ポイント

Uターン移住ならまだしも、なにもわからないIターン移住の場合、サポートが手厚いと安心ですね。

 

特に海士町は、仕事や住居の斡旋のほか、結婚・出産・医療・保育料などの支援が手厚いです。

 

ただし、支援が手厚い地域は、環境が厳しい場所も多いので、考慮に入れておきましょう。

 

12.千葉県匝瑳市へ移住  ピアニスト・農家

f:id:motohashiheisuke:20161128220815p:plain

千葉県匝瑳市HPより

 

山村の交流を促す「SOSA Project」がきっかけで移住。

 

千葉県匝瑳市は

  • 東京から約70キロの距離にある
  • 人口約36,000人
  • 市の北部は里山の自然が多く残り、南部は市街地をのぞき田園地帯

 

千葉県匝瑳市へ移住成功のポイント

  • 東京からも通え週末農業体験できる
  • 半農半X
  • マンション売却

 

千葉県匝瑳市へ移住に失敗しないための検討ポイント

東京から通えて、移住前に週末農業を経験ができる点が大きいですね。

 

農業が合うかどうか、移住先の土地に合うかは、実際住んでみないと本当のところはわからないです。

 

週末農業でたくさん通うことで、その土地の様子が見え、移住に失敗リスクを極力抑えることができるでしょう。

 

本橋へいすけの要チェック移住ポイント

半農半X。

半農半Xとは、半分農業で、Xに当てはめるのは自分の生業、食べるモノは自分たちで

作り、生活コストを抑えて、自分の好きなことをして暮らしていくこと。

例えば、整体師、ミュージシャン、物販など。

 

移住前にあなたのXを探しておきましょう。

参考書籍 

 

ちなみに本で紹介されている近藤さんとは、2016年東京での移住トーク&ライブで共演したんですよ〜。

めっちゃいい人でした〜^^

 

地方で就職する

難易度  ★

費用      ★

安定      ★★★

 

毎月決まった給料が入ってくるので、安定度は抜群。

仕事さえあれば、1番ハードルが低いです。

 

 

13.和歌山県那智勝浦の色川へ移住 木工作家・集落支援員

f:id:motohashiheisuke:20161128224147p:plain

ふるさと色川HP

 

育児雑誌で色川のことを知り移住。

 

色川は

  • 和歌山県那智勝浦の山間部にある集落
  • 人口の約45%はIターン移住者 

 

和歌山県那智勝浦の色川へ移住成功のポイント

  • 複業スタイル
  • 民間組織が手厚いフォロー

 

和歌山県那智勝浦の色川へ移住に失敗しないための検討ポイント

  • 山が荒れて暗くなる

 

本橋へいすけの要チェック移住ポイント

複業スタイル。

田舎では小さな生業が成り立ちます。

 

月3万円くらい稼ぐビジネスを5つくらい組み合わせると、月15万の収入になります。

田舎では月15万あれば、そこそこ暮らしていけます。

 

また1つのビジネスがダメになっても、リスクが大きくないのもメリットです。

参考書籍

 

14.鳥取県岩美町へ移住 ソフトウェア開発・カヌーガイド

f:id:motohashiheisuke:20161128224325p:plain

岩美町役場公式サイト

 

東日本大震災を機に移住。

 

鳥取県岩美町は、

  • 鳥取県の最東北端の海辺の町
  • 海、山、温泉がある
  • 人口12,000人

 

鳥取県岩美町へ移住成功のポイント

  • ITの仕事ができる
  • 県が移住にウェルカム

 

鳥取県岩美町へ移住に失敗しないための検討ポイント

  • 受動的な人は無理

 

本橋へいすけの要チェック移住ポイント

地方移住をするさいに、場所にとらわれない仕事を作っておく、できるようにしておくと、移住後の生活は安定します。

 

IT系の仕事は代表的です。

 

ITが苦手な方は、スカイプを使っての、コンサルやカウンセリングもいいですね。

 

ネットショップで物販販売もできます。

講師業をされている方は、セミナーをDVDに録画しておけば、永久に稼いでくれます。ビジネスがない人でも、輸入販売や転売などで稼ぐのもありです。

 

番外編 福岡県糸島市に移住 

f:id:motohashiheisuke:20161128225122j:plain

本に載っていませんが、地方移住を検討するなら、ぼくが住んでいる福岡県の糸島市は特におすすめです。

 

  • 海も山もある
  • 都会も近い
  • 空港も近いから帰省も困らない
  • 移住者が多く開放的

 

この条件をすべて満たす場所は他にないですね。

糸島市のHPはこちら⇒福岡県糸島市ホームページ:古代都市「伊都国」

 

事例の、神戸市へ移住と、千葉の匝瑳市は比較的近い印象です。

この3つは、都会との距離も近く、現在都会暮らしをしている人にとっては、ハードルが低いのがいいです。

 

糸島、神戸、匝瑳の3つを移住候補として調べておくといいかもですね^^

www.motohashiheisuke.com

 

 

地方移住に失敗しないために身につけるべきたった1つこと

現在、移住がブームとなっています。

昔のように、余生を田舎で過すというより、働き盛りの世代が、自分らしい暮らしを求めて、地方に移住をするという流れが最近のトレンドです。

 

今までの、地方移住・田舎暮らしとの大きな違いはwebを活かすことが大事だということ。

 

生活用品をそろえる、仕事つくる、仕事広げる、仕事をつなげる、webで発信することによって、可能性は何倍にも広がります。

結果、地方移住に失敗するリスクを減らせるのです。

 

facebook、Twitter、instagram、ブログ、HPを活用することがポイント。

なかでも、ブログ、facebookは特に重要なので、今から準備や発信方法を日々の生活のなかで少しずつでも学んでおきましょう。

 

移住するにせよ、しないにせよ、必ずあなたに役に立ちます。 

ぼくはこうして発信をしていることで、雑誌の取材を受けたり、人の紹介を受けたり、他にもいい思いをたくさんしています

 

ぜひ、発信していきましょう!

 

地方移住関連のおすすめ記事

地方移住3年で分かった、15のメリットと7のデメリット 

田舎暮らし成功の7つのステップ 

地方移住したい人のためのオススメ書籍セレクション5冊