読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

愛しの糸島ライフ

地方移住・糸島移住、糸島ランチ・観光スポットや暮らしをつづった本橋へいすけのwebメディア。

愛しの糸島ライフ

「駅前のバル」糸島の前原で飲むなら1軒目はここで決まり!!

福岡県の糸島よりこんばんは! 

オリーブソムリエの肩書きも持つ、飲むのが大好きなノムリエ、本橋へいすけです。

 

駅前のバルとは?

f:id:motohashiheisuke:20161213201939j:plain

「駅前のバル」は、その店名の通り、駅前にあるバルです(笑)

 

駅前のバルは糸島の中心地、JR筑肥線・筑前前原駅から降りて、全速力で15秒で着きます。

 

ゆっくり歩く派の方でも、徒歩1分ほどで着くという立地の良さ。

 

どれくらい近いかと言うと、店から駅までは道路を渡るだけ〜。

f:id:motohashiheisuke:20161213202006j:plain

自然派ワインと、地元の素材を使った新鮮でおいしい料理を、リーズナブルな価格で食べられるお店。

 

駅前のバルの魅力

糸島を日帰りで帰るなんてもったいない!!

夕日を見て帰るなんてもったいない!!

 

飲みましょ〜^^

 

遠くから来て、夜はいろいろ飲み歩きたい!!

という方にも、1軒目におすすめな駅前のバルの魅力に迫ってみましょう!!

 

駅前のバルの魅力1.旨い!!

f:id:motohashiheisuke:20161213202426j:plain

糸島の新鮮な素材を使った料理がおいしいです。

素材だけでなく、お塩やしょう油も、糸島産のおいしい調味料を使っています。

 

駅前のバルの魅力2.自然派ワイン

f:id:motohashiheisuke:20161213202130j:plain

自然派ワインって、口当たりがまろやかで、ぼくは好きです。

変なワインだと、頭が痛くなったりしますからね......

 

ハウスワインでも、けっこうおいしいけど、こだわる方は、800円のちょっといいグラスワインも飲めるのが、うれしいところ。

  

駅前のバルの魅力3.リーズナブル

ワインも安いですが、料理も安いです。

ピンチョス一皿200円。

f:id:motohashiheisuke:20161213202212j:plain

3種盛りにしたら500円、5種盛りだとなんと800円!!

1皿あたり160円って、サイフにやさしさ振りまきすぎです。

 

惚れてまうやろ〜〜〜!!

 

駅前のバルのメニュー

f:id:motohashiheisuke:20161213202254j:plain

ピンチョス以外も地元のモノを中心に、リーズナブルなお値段で、おいしいおつまみを食べられちゃいます!!

 

季節野菜のオムレツは、野菜も入って、黒こしょうも効いていて、ワインが進む進む〜〜〜

f:id:motohashiheisuke:20161213204550j:plain

 

パエリアは時期によって、のっている具が違うので、飽きない味を楽しみにしている常連さんも多いのだとか。 

f:id:motohashiheisuke:20161213202549j:plain

 

駅前のバルの営業時間・アクセス

open 17:00

close 22:00(o.s21:30)

定休日:水曜

店内禁煙

迷うことはないと思いますが、店舗の外観はこんな感じです。 

f:id:motohashiheisuke:20161213203422j:plain

お店が閉まるのは早いから気をつけてね〜。

 

駅前のバルの楽しみ方

f:id:motohashiheisuke:20161213203636j:plain

おつまみもおいしくて、ワインもおいしい、そしてサイフにもやさしい駅前のバル。

気軽に寄れるので、ふだん使いにおすすめ。

 

夕方早い時間から飲みたいお店です。

友だちや、カップルで来るのもいいし、1人でもフラッと入ってしまいます。

 

1人でしっぽり飲んだり、お店の人と話しながら飲むのも、楽しいですよねぇ〜。

f:id:motohashiheisuke:20161213203911j:plain

あぁ〜、また飲みに行きたくなってきたぁ......

f:id:motohashiheisuke:20161213204018j:plain

糸島の筑前前原付近ですと、さかもとりょうりこうぼうもおすすめです。

 

駅前のバル⇒さかもとりょうりこうぼう、は幸せを呼ぶハシゴと言われており、「駅前とりょうりこうぼう」と名付けました、笑。

 

ぜひ、素敵なハシゴライフを〜^^

www.motohashiheisuke.com