読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

愛しの糸島ライフ

地方移住・糸島移住、糸島ランチ・観光スポットや暮らしをつづった本橋へいすけのwebメディア。

愛しの糸島ライフ

福岡県糸島市で地域おこし協力隊の募集始まる見込み

糸島移住 糸島仕事 移住と仕事

f:id:motohashiheisuke:20170226001321j:plain

福岡県の糸島よりこんにちは!

糸島移住歴3年8ヶ月の、本橋へいすけです。

 

H29.2.27.追記

 

福岡県の糸島市でも、平成29年7月以降の募集が始まる可能性が高いとのことです。

 

1月に東京で開催された説明会で配布された資料にて、7月に募集開始と記載あり。

説明会に参加された方に資料をぼくも見せていただき記事をアップしましたが、市の職員の方から直接連絡をいただき、まだ正式決定ではないとのことでした。

 

詳細は4月以降に市のHPにアップされる可能性が高いとのことなので、気になる方は随時HPをチェックしておきましょう!!

 

目次

 

地域おこし協力隊とは?

f:id:motohashiheisuke:20170226004054j:plain

そもそも地域おこし協力隊ってなに?という人のために。

地域おこし協力隊(ちいきおこしきょうりょくたい)とは、人口減少高齢化等の進行が著しい地方において、地域外の人材を積極的に受け入れ、地域協力活動を行ってもらい、その定住・定着を図ることで、意欲ある都市住民のニーズに応えながら、地域力の維持・強化を図っていくことを目的とした制度である。

 Wikipediaより

 

移住する人は最長3年、給料をもらいながら移住先で仕事を確保できます。

給料はおおむね月14万〜20万。

 

ちょっと少なく感じるかもしれませんが、住宅、車、光熱費、通信費などを補助してくれる地域も多いです。

 

実質の生活する上では不自由なく、自由に使えるお金、可処分所得は、都会で暮らしていたことよりも、場合によっては多くなるかもしれません。

 

隊員の8割は20代、30代で、男女比は6:4。 

 

地域おこし協力隊のその後

f:id:motohashiheisuke:20170226004646j:plain

地域おこし協力隊の任期満了後の主な進路は、

  1. 起業
  2. 就業
  3. 就農

 

割合で言うと、

  • 起業する人2割
  • 就業する人5割
  • 就農する人2割

 

だそう。

 

地域おこし協力隊の定住率

 

今日の糸島の夕日。 1日終わりにありがとう🎵 #愛しの糸島 #糸島 #夕日 #夕焼け #海 #風景 #自然

本橋へいすけさん(@heisuke335)がシェアした投稿 -

総務省によると、地域おこし協力隊が終わった後に、任地に定住する人は5割。

1割は近隣の地域の定住。

 

 

地域おこし協力隊は自治体によっては、うまくいってるところもあれば、失敗や問題もたくさんあるというのが現状です。

 

糸島市では、初めての地域おこし協力隊の募集。

 

もちろん市の職員の方もいろんな地域の事例を知ったうえで、今回募集することになったと思いますので、成功するといいですね!!

 

隊員の方は、情報を発信することが求められます。

 

と言ってもふつうに発信するだけでは、身内やそのまわりの人くらいにしか見られないので、糸島をPRする発信方法や、糸島を知らない人に知ってもらうSEO対策も含めたwebの活用法など、「愛しの糸島ライフ」ともなにかしら連携できたらいいなぁと、個人的には思ったりしています。

 

糸島市の地域おこし協力隊の募集要項

f:id:motohashiheisuke:20170225155207j:plain

移住説明会にて配布された糸島の地域おこし協力隊の募集要項です。

まだ正式決定ではないということです。

 

農業部門で始まります。参考までに。

 

  1. 任用期間:H29.7.1〜H32.6.30(3年間)
  2. 報酬月額:16万6千円
  3. 住居:地域内の空き家を予定。家賃全額、水光熱費の一部を市が負担
  4. 車両:車は軽自動車をレンタカー。レンタル料全額、燃料費の一部を市が負担
  5. 備品:携帯の基本使用料を負担。パソコンを提供。
  6. 内容:地域活性化の補助、HP等の情報発信、その他地域活性に係ること全般。
  7. 人材:20〜30代で、明るく、やる気のある社交性に富んだ方、定住を考えている方
  8. その他:就農を希望される方は、期間中に地域が全力でサポート

 

住居、車、光熱費、通信費などのサポートがいたれりつくせり!!

 

糸島に住んでるぼくからすると、これだけサポートがあれば、1人暮らしの場合は毎月少なくとも5万は貯蓄にまわせそう......きりつめれば月10万も夢ではないなぁ。

 

家族で移住する場合でも、生活には不自由なく暮らせそう。

 

 

糸島市の福吉(ふくよし)ってどんなところ?

f:id:motohashiheisuke:20170226003308j:plain

今回募集の地域は、糸島市の福吉です。

 

福吉は糸島の西部の二丈地区にあります。 

海と田園風景、山が近い場所。

 

f:id:motohashiheisuke:20170226003331j:plain

メディアでは、オシャレなイメージで取りあげられることが多い糸島。

 

二丈地区は、糸島のなかでは昔ながらの、のんびりした雰囲気が残る地域なので、移住にはおすすめな場所です。

 

福吉の海は二丈のなかでもきれいで、ぼくも夏に泳ぐのは近くの海より、福吉まで行くことも多いです。

 

夕日もきれいですよ〜。

f:id:motohashiheisuke:20170226003607j:plain

電車も通っていますが、住むとなると正直車がないと不自由な地域だと思います。

 

今回の地域おこし協力隊は車が支給されるので安心ですね!!

 

地域おこし協力隊の1日の任務を終えた後は、福吉にあるまむしの湯で汗を流すのもいいですね〜。

 

まむしの湯の近くではホタルも出てきれいですよ〜。

 

飲食店で言うと、イタリアンのアッカプントエッフェ、そばのすみくら、古民家カフェ山ぼうし、喜八の海鮮丼など、お店の数は多くないけど、いいお店がいくつかあります。

 

日常使いで、ちゃんぽんやラーメン屋さんもあります。

 

詳細はこちらの記事をどうぞ

目的で選ぶ糸島のおすすめランチ26選 

 

もちろん福吉にも、糸島の冬の代名詞、牡蠣小屋もありますよ〜。

 

 

糸島市の地域おこし協力隊のまとめ

f:id:motohashiheisuke:20170226003643j:plain

移住検討者の方が市役所に確認したところ、募集は4月か5月くらいとのこと。

また詳細がわかったら追記していきますね^^

 

 

糸島移住を考えている方はこちらの記事をどうぞ

福岡県糸島市へ移住して3年、19の魅力と7つの注意点 

 

地域おこし協力隊以外の働き方を模索したい方はこちらの記事をどうぞ

地方移住7つの仕事スタイル、あなたはどれを選ぶ?