愛しの糸島ライフ

地方移住・糸島移住、糸島ランチ・観光スポットや暮らしをつづった本橋へいすけのwebメディア。

愛しの糸島ライフ

【データ公開】地方イベント開催、効果的な告知方法とは?

福岡県の糸島よりこんにちは!

糸島移住歴5年目の、本橋へいすけです。

 

現在、ゲストハウスいとよりの企画・ブログ運営のサポートをしています。

 

おかげさまで毎月開催している10名前後のイベントはほぼ満席。

最近は2回ほど、100名近い方が来てくださったイベントも開催しました。

 

今回開催したイベントでは

  • 何を見て来ていただいたか?
  • どこから来ていただいたか?

アンケートも取りました。

 

  • 糸島でイベントをする方で効果的な告知方法を知りたい
  • 地方でイベントをする方で集客に困っている

 方へ参考になれば幸いです。

 

 

イベント告知方法の前に今回の内容詳細

f:id:motohashiheisuke:20170824230518j:plain

  1. 場所:糸島ゲストハウスいとより(のんびりした田舎)
  2. イベントの種類:ワークショップ
  3. イベント名:みんなで夏休みの自由研究〜!
  4. 集客人数:100名弱
  5. アンケート有効回答数:33名

 

ゲストハウスいとよりのオーナー・なるみさんが実際に目で見てぜひ呼びたい!!

と思った作家さんに来ていただきました。

 

出店者さまは糸島、佐賀、福岡市内から来ていただきました。

 

 

イベント告知方法・媒体別の比率

f:id:motohashiheisuke:20170824155909p:plain

 知るきっかけになった媒体は

  1. facebook 36%
  2. 紹介 33%
  3. Instagram 16%
  4. フライヤー 14%
  5. ブログ 3%

でした。

 

*いとよりのブログは宿泊リピーターさん向けのブログです。

 

糸島はいわゆる田舎なので、フライヤーが優勢かなと思っていました。

いざ集計を取るとWEBからの集客が52%と半数を占めていてビックリ〜!!

 

肌感覚ですがゲストハウスの宿泊も含めて、日に日にInstagram経由が増えていると感じます。

 

ゲストハウスいとよりは宿泊される方も含めて、紹介・リピーターが多く嬉しいかぎりです。 

 

 

どこから来ていただいたか?

f:id:motohashiheisuke:20170824215826p:plain

  1. 糸島 47%
  2. 福岡市内 44%
  3. 飯塚 3%
  4. 唐津 6%

 

糸島が7割くらい閉めるかなぁと思いましたが、福岡市内からもたくさん来ていただきました。

 

糸島と福岡市内だけで91%

 

今回は、糸島外の作家さんも来ていただいたので、福岡市内からも多くなったと分析しています。

 

ふだんのイベントは糸島内がもっと多い印象かなぁ。

 

 

【結論】地方でもWEBでの告知が集客には効果的!!

f:id:motohashiheisuke:20170824230520j:plain

結果はWEB集客が、届けたい人にしっかり届くので効果的でした。

 

フライヤーは労力と費用のわりにあまり効果がなかったので、今後は見送る方向です。

 

ちなみに1番集客に貢献したfacebookでは、ゲストハウスいとより方針で「いいね!リクエスト」「イベント招待」は一切送っておりません。 

 

いとより方針の理由や、具体的な満席続きのイベント集客方法は以下の記事をどうぞ。

合わせて読みたい

ゲストハウスいとよりで情報発信を学ぶオンラインコミュニティを運営しております。

 

お会いしたことない方は1度お会いしてからか、TV電話等でお話したうえでの参加になりますが、詳細知りたい方はお問い合わせフォームよりご連絡ください。

(必ず参加できるわけではないのでご了承ください)