読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

愛しの糸島ライフ

地方移住・糸島移住、糸島ランチ・観光スポットや暮らしをつづった本橋へいすけのwebメディア。

愛しの糸島ライフ

「急成長」よりも「ゆるやかな成長」という生き方

福岡県の糸島よりこんにちは!

 

「急成長」と「ゆるやかな成長」の両方を経験してきました。

本橋へいすけ(@heisuke335)です。

 

  • 早く成長したい!
  • 早く成長しなければ!

 

と思いながら毎日を過した20代。

 

  • 成長は緩やかでいい
  • 急成長はしたくない

と感じ始めた30代半ば。

f:id:motohashiheisuke:20161007110907j:plain

 

「ゆるやかな成長」がもたらす幸せについて、客観的かつ具体的にお伝えしますね^^

 

目次

   

ゆるやかな成長の3つのメリット

ではゆるやかな成長の3つのメリットについて見ていきましょう。

 

ゆるやかな成長のメリット1 心が穏やかでいられる

大きな変化があるのが急成長、小さな変化を感じるのがゆるやかな成長。

変化が小さいということはあなたが感じる心の負荷が少ないんです。

 

ゆるやかな成長のメリット2 大切にしたい人を大切にできる

急成長は得るものも多いけど、こぼれていくものも多いです。

その中にはあなたが大切にしたい人や、大切なコトがあるかもしれません。

 

ゆるやかに成長していけば大切な人やコトといっしょに歩んで行けるんです。

自分にとって本当に大切なコトを見極めながら生きていけるんです。

 

ゆるやかな成長のメリット3 地に足をつけて生きていける

ゆるやかな成長していくと、物事の本質とはなにかを見極めることができます。

自分・まわりの人・社会をより良くすることができ、多くの人の共感を得られます。

 

 

ゆるやかな成長のデメリット

とは言ってもゆるやかな成長にもデメリットはあります。

 

ゆるやかな成長のデメリット1 安定までの時間がかかる

ゆるやかに成長するということは、収入、収益が安定するまで時間がかかります。

 

時間の猶予がない人、結果をすぐに出さないといけない人にとっては大きなデメリットです。 

 

ゆるやかな成長のデメリット2 だらけてしまう

ゆるやかに成長する過程のなかで、だらけてしまうことがあります。

ぼくみたいな人は特にゆるまりすぎないように注意しないとですね〜(笑) 

 

急成長の3つのメリット

急成長が悪いとは思いません。

成長のスピードが早いというのは3つのメリットがあります。

 

急成長のメリット1 収入が安定する

ビジネスを展開している人であれば急成長は利益が増えて、収益、収入が安定します。

 

収入が安定すれば精神的にも安定します。(笑)

うれしいですよね〜!!

 

急成長のメリット2 知名度が上がる

急成長すれば、注目度が上がり知名度も上がります。

今まで日の目を浴びなかった人にとっては、飛び上がるほどうれしいことですよね!!

 

急成長のメリット3 見える世界が変わる

成長してたどり着いた場所からしか見えない世界があります。

 

 

急成長のデメリット

とは言っても急成長にもデメリットはあります。

急成長の3つのデメリットとは?

 

急成長のデメリット1 急降下も早い

TVの一発屋と言われる人たちがわかりやすい例です。

急にブレークして露出がものすごく増えます。

 

ブレイクしすぎて急に露出が増えたけど、翌年にはほとんど見ない、、、そんな人いないですか?

 

急成長のデメリット2 成長が実力を追い越してしまう

急成長のはじまりはいいんです。

今まで認められていなかったコト、モノ、ヒトがやっとその価値を認められる。

これはとってもいいこと。

 

だけど時として成長が実力を越えてしまうときがあります。

 

そうなると結局だれが辛い思いをするか?

あなたが大切にしたい人やお客さんなのです。

 

TVの一発屋さんは、ほかの芸やトーク力が人気に追いつかずに飽きられてしまいます。

 

急成長のデメリット3 何かが壊れる

急成長すると、必ずなにかが壊れます。

妬み、ひがみもあるかもしれません。

 

人間関係が壊れるかもしれません。

それは単に今まで接した人が合わなくなってくることもあります。

今まで接していた人と衝突が起きることもあります。

 

急成長して天狗になってしまい自ら壊してしまうモノもあるかもしれません。

急成長は大なり小なりの痛みを伴うのです。 

 

ゆるやかな成長は努力しないことではない

ゆるやかな成長とは、ただ単にゆるく生きるとは違います。

努力はちゃんとします。

 

と言っても、好きなこと、やりたいことをするので、「努力」という言葉とはちょっとニュアンスが違うんですが。

 

深く追求する、突き詰めることはしますが、努力という実感はあんまりないです。

 

 

「自然体で生きたい」ぼくはゆるやかな成長を選ぶ

ここまで書いたように、「急成長」、「ゆるやかな成長」それぞれメリットとデメリットがあります。

 

どちらが正しいという正解はないのです。

人それぞれの生き方があっていいと思うし、合う生き方も違います。

 

同じ人間でも、年齢によって合う生き方も変わっていきます。

 

「急成長」が必要な時期もあります。

 

ぼくも「急成長」をしたいと思ってがむしゃらに生きていた時間もあります。

それはそれでよかったし、あの頃があるから今があると思えます。

 

今は、心の素直に、自然体で、自分らしく、おだやかに暮らしていきたいと思っています。

それが「今」のぼくがしあわせと感じる理由だから。

 

ぼくは「ゆるやかな成長」で暮らしていきます。

 

あなたはどんな風に成長していきたいですか?

f:id:motohashiheisuke:20161007105954j:plain