読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

愛しの糸島ライフ

地方移住・糸島移住、糸島ランチ・観光スポットや暮らしをつづった本橋へいすけのwebメディア。

愛しの糸島ライフ

片付けることは3つの心を整えること

自己啓発

糸島よりこんにちは、本橋へいすけです。

片付けることは心を整えること

image
あなたは旅をしたときホテルのベッドや布団ってどうしていますか?
ぼくは昔はそのまんまにしてい
ました。

image
だってキレイにたたんだとしても旅館やホテルの人が清掃で全部持っていくので、、、


片付けても意味がないから、そこに5分時間を使うなら他のことをしたい!と思ってました。


今は片付けることにしてます。
片付けることは心を整えることだと思うようになったからです。


しかも片付けをしていい気持ちになるのは自分だけじゃないないんだって


片付けにおける三方良しとは?


そもそも三方良しとは?

三方よしとは、「売り手良し」、「買い手良し」、「世間良し」の3つの良し。
売った人も、買った人も満足して、社会貢献できるのがよいという商売の心得。 
 

片付けも別の意味で三方良しになるんですよね〜。
では三方を1つずつ見ていきましょう!
 

片付ける理由は清掃する人のため

a1180_005135_m
先ほどのホテルの例ですが、片付けをしなくてもいいんです。
お金も払ってるし、清掃する仕事をする人もいる。


ただ、清掃の人が部屋に入ったとき、
布団がキレイにたたんであって、洗面所の水滴もキレイに拭いてあったら
気持ちいいと思うんですね。


自己満足と言ったら自己満足です!


ぼくは清掃する人が、それでいい気持ちで仕事をできたらそれでいいし

部屋に入ったとき、

「お〜、この部屋キレイだなぁ〜」

とニコっとなってくれたり、

「この部屋はそうじ楽でラッキー!」 

なんて思ってくれたらいいなと思って片付けています。
 

 

片付ける理由は自分のため

さっき人のためとか言っておきながらですが、正直自分のためです。
単純に片付けて出た方が気持ちいいんですよ。
DSC02224
朝出るときに、部屋キレイにしていく、置いてある物の配置を整えて出る。
それだけで、気持ちが爽やかなります。


そういう気持ちになりたいから掃除をしているんだろうなと、、、


朝トイレそうじすると気持ちにいいな〜と思ったことありませんか?
さすがにホテルではしませんが、、、


トイレの神様という歌も流行りましたね。

最初にトイレの神様聞いたときは、号泣しました〜!
あっ、ぼくの涙腺のすぐ堤防決壊しますけど、、、
 


片付ける理由はモノのため

 
ぼくはモノにも心があると思っています。
正しくは思うようになりました。

あっ、変な世界に行ってないですよ、笑。


例えばぼくの大好きなギター。
DSC08607
 
同じギターなのに日によって音が違うんです。

もちろん、湿度が音の響きに関係してることもあります。


ただそれ以外にも、よく鳴る日もあれば、ならない日もある。
あんまりかまってないといい音にならないし、
他の楽器に浮気すると、あんまり響かなくなるときもある。


大切にすれば、いい音で応えてくれる。
DSC02213

だから物にも心があると思って、ギター以外の物も大切に扱うようになった。

もちろんいつも、すべての物に対してできてるわけじゃないけど、
そういう気持ちでいろんな物に接していると、なんだか世界が違って感じる。 


ホテルの部屋から出るときに、キレイに整えて帰ると
部屋にある物たちも気持ちがいいかなって思うんだ。
 
 

まとめ

片付ける時間ってなかなかないっていう人もたくさんいると聞きます。
ただちょっとの時間を使って片付けると、いろんな効率があがります。


自分の住む家だと快適になるし
仕事のデスクであれば、仕事が早くなります。

仕事ができる人ほどデスクとメールボックスなど整理整頓されています。


ぼくもいつもキレイにできてるわけじゃないし
家だと自分とモノの二方良しだけになってしまうから
ついサボリがちになってしまいます。


片付けることで空間が快適になり心が整うし
片付けるという行為自体が心を整えています。


ぜひ、あなたも心を整えてくださいね