愛しの糸島ライフ

地方移住・糸島移住、糸島ランチ・観光スポットや暮らしをつづった本橋へいすけのwebメディア。

愛しの糸島ライフ

大切な人が急死しても後悔しないための5つのこと

こんばんは、本橋へいすけです。


縁起でもない話かもしれません。
不快に思われた方もいるかもしれません。


でも時に今ある「当たり前」が突然「当たり前でなくなる」ことって
自分やまわりで起きたりしました。


そこで「大切な人が急死しても後悔しないための5つのリスト」
a0001_016453

必ずしも「亡くなる」だけではなく、愛する人との「別れ」も含めて読んでいただければと思います。


思い出したときに連絡をする 

DSC02390
遠く離れている暮らしている、おじいちゃん、おばあちゃん。
学生時代の友だち。
夢を追い求めた戦友。


忙しい毎日追われて、だいぶ連絡していないなってことありませんか?


ぼくもそうでした。


小学生のときに同級生が突然、ぜんそくで亡くなりました。
そのときは「死」の意味がわかりませんでした。


大人になって「死」の意味がわかって、初めて後悔が出てきました。


だから、もうそんな想いをしたくないので、なるべく好きな仲間には
思い出したときにメールとかするようにしてます。


、、、と言っても、あんまりできてないかな、、、


しょ〜もないメール来る友だち、ごめんね!
ぼくはあなたが好きなんです。

とりあえず会いに行く

飛行機
連絡してても、会ってなくて急に「別れ」が来たら、、、


「また今度」、「いつかね〜」って言ってると、すでに何年か経っている。
今はLCCもあるし遠く離れた人にも、1回の飲み代くらいで会いに行けるいい時代。


金曜日に居酒屋でグチってるくらいだったら、
用事なんかなくても、とりあえず大切な人に会いに行こうよ。

ごめんなさいを言う

a0001_016465
大切な人、近しい人ほど言えない言葉、「ごめんなさい」。
あそこで言えたら、今は違う「未来」になっていたかな?


そんな後悔をしないように、「ごめんなさい」を言える人間になりたい。


そう、、、ぼくも苦手なんです。

ありがとうを言う

a0001_016454
これも身近な人だと、逆に言えないこともある。
そう思っても「今さら」って思うこともある。


ありがとうの語源は、「有難う」。
「有る」のが「難しい」、だそう。


だからこそ、感謝をしないとですね。


ぼく自身はまだ死んだことないからわからないけど、たぶん最期のときに、
心の中にある感情って「ありがとう」だと思う。


死んだらしゃべれないから、生きてるあいだに言おう。

あなたが「今」それを考えること

ぼくが思うことを書いてきたけど、
あなたの大切な人のために、今5分でも立ち止まって考えてみてください。


ふだんは忙しいかもしれない、けどほんのちょっとだけ立ち止まって
大切な人のことを思い浮かべてほしい。


そして、ほんのちょっとだけ「行動」してほしい。


「元気?」って3文字のLineをするのでもいい。
ただぶっきらぼうに「ありがとう」って言うだけでもいい。


そのほんのちょっとの「愛」。
「愛」はほんのちょっとの積み重ね。