読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

愛しの糸島ライフ

地方移住・糸島移住、糸島ランチ・観光スポットや暮らしをつづった本橋へいすけのwebメディア。

愛しの糸島ライフ

受け入れるということ

糸島よりおはようございます、本橋へいすけです。


4月といえば、入学式、入社式など、新しい始まりの月。
転職者も4月入社は多いですね〜。


新しい環境、新しい人、新しいコトなど、「受け入れる」ということが
多いと思います。


心を「受け入れる」状態に整える

DSC00206



「受け入れる」状態というのは、ある意味心がフラットです。


「受け入れる」状態にあると、いろんなモノが吸収できます。
同じことに出会っても学びが多いです。
人脈も広がっていきます。


言葉にすると簡単だけど、これが意外とむずかしい、、、


なぜかというぼくたちは、人や物ゴトに出会ったとき、
今までの「経験」というレンズを通して見てしまう、判断してしまうからです。


意識的にレンズを外す、という作業をしないと、なかなかフラットな視点で見れません。
ぼくも意識はしてるけど、いつもはできないです、、、


「受け入れない」状態とは?

DSC08965



心がフラットでないと、「受け入れない」状態になってしまいます。
あなたも経験はあると思いますが、


一般的な常識とはかけ離れた、今までに出会ったことない概念や考え
ぶっとんだ人
異質なモノ、コト


に出会うと、 


「それはないな、、、」

「ありえない、、、」

「わたしには無理、、、」

「それはできない、、、」

「やりたくない、、、」



という感情が起きてしまいます。


「受け入れる」の前に「受け止める」

DSC00469



いきなり受け入れるのはむずかしいかもしれません。


そんなときは、まずは「受け止める」からはじめてはいかがでしょうか?


自分のなかに相見えないかもしれない


だけど、いったんその人、そのコトを、
透明なレンズで見て、受け止めてみるのです。


これは筋トレみたいなもんで、
最初はけっこうきついんですけど、慣れてくると自然にできるようなってきます。


いつか「受け止める」が「受け入れる」に変わっていくでしょう。


「受け入れる」のメリット

DSC08530
いろんなモノが吸収できます。
同じことに出会っても学びが多いです。
人脈も広がっていきます。
 

人間関係も良好になっていきます。


これはなにも社会の中だけでなくて、
身近な家族やパートナーと過ごすときにも言えます。


近くにいるからこそ「受け入れられない」ってことってあると思います。


パートナーとはいえ、経験してきたことが違えば、
あなたのレンズとは、見えてるものも違います。
感じてることも違います。


そのことを意識するだけで、「受け止める」ことができるんじゃないかな〜?


 

編集後日記

ぼくもむかしは、「受け止める」ことさえ、なかなかできませんでした。
糸島に移住して、ほんとにビックリするくらい、いろんな暮らしをしてる人に出会いました。
いろんなコトをしてる人にで出会いました。

DSC09672

自然の美しさを知りました。
自然と共に暮らす幸せを知りました。


移住してもうすぐ3年。
少しずつですが、「受け止める」ことができるようなってきました。


人間的に成長して「受け入れる」ことができるようになっていきたいと思います。


週末の朝に、ちょっぴり哲学的な記事でした〜。
では、また〜^^